プロフィール

FIESTA

Author:FIESTA
札幌のガレージキットディーラー&同人サークルです。日常はTwitterにてどうぞ。

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
04  02  12  11  05  08  07  06  05  04  03  10  08  07  06  04  03  02  01  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
メールフォーム
拍手コメントでは文字数が足りないという方はこちらから。
Twitter

Twitter < > Reload

リンク
カウンタ
RSSフィード
テスト
WF2015夏・本申請について
本申請が締め切りになり、様々なディーラーさんの申請内容が出てきておりますので、うちも本申請内容についてです。

今回仮申請を行っていたのは刀剣乱舞より「ねんどろいど小狐丸(内番)」「ねんどろいど今剣(内番)」ですが、原型のざべすさんの都合により取り下げと致しました。楽しみにして下さっていた方には申し訳ありません。
新年度よりお仕事が忙しくなってしまったとのことで、「やっぱりやめた」「間に合わなかった」が通用しないワンフェスでは賢明な判断だと思います。
代わりに、もっと小規模かつニトロプラスさんへの申請のみで制作できる、刀剣乱舞のガレージキットを製作されています。

通称(?)たろじろ雛です。
z01.jpg

小さいので筆塗りだけでもいけそうです。ガレージキットは作ったことないよという方にもおすすめサイズ。

z05.jpg

私の方は、刀剣乱舞の紋ブックマーカーともう1種のアイテムについて、色々水面下で動いております。
企業でも富豪でもないので全部のキャラぶん出すよ!とかそんな剛毅なことは出来ませんので、キャラのチョイスには周囲の腐女子の方などに意見聞きまくってウザいくらいだったかと(;´Д`)

紋ブックマーカーですが、とりあえずみんな大好きおじいちゃんは入ります。

三日月宗近は入ります。

大事なことなので二度言いました。その他の2キャラについてはまた追ってご案内します。
また、もう1種のアイテムについてはこれから試作を行う予定ですので、そちらが仕上がってきたら写真をお見せできますが、今のところは打ち合わせ用の画像を貼ってお茶を濁します……。





“WF2015夏・本申請について”の続きを読む>>
製作過程 | 【2015-05-13(Wed) 23:17:57】 | Trackback(-) | Comments(-)
1/12可動弱音ハク〈スイムウェア〉 原型完成
先日、ようやくワンフェスの卓番が出ました。FIESTAは7-21-03です。ホール間シャッターの近くで分かりやすい場所かと思いますので、ぜひお立ち寄り下さいませ。

さて、1/12可動弱音ハクの原型が完成しました!今回はProject DIVAのモジュールより、スイムウェアになります。
原型で関節を固定するのがままならないので、またしてもちょっと微妙な立ちポーズになっております(;´Д`)



今回は水着姿ということもあり、プロポーション重視で製作しております。
実現するには関節部の処理が重要ですが、この春にイエローサブマリンから「関節技スリムジョイント」という商品が発売になりまして、この関節ありきで作らせて頂きました。
2月のワンフェスの際にイエサブさんで配布されていた、スリムジョイントのサンプルが無ければ実現出来ませんでした。というかうちはイエサブさんのジョイントがなかったらどの可動キットも成り立ちません……。
ハクに関してはスリムジョイントのランナー1枚で作れますので、購入された方のコストも低いです。

130716b.jpg

他の角度や付属パーツは追記にて。


“1/12可動弱音ハク〈スイムウェア〉 原型完成”の続きを読む>>
製作過程 | 【2013-07-16(Tue) 02:01:34】 | Trackback(-) | Comments(-)
本申請に向けて
先日、WF2013夏の当落発表がありまして無事当選しました。参加費も払い込んだので、卓は確保できております。
さて、GW明けにWF2013夏の本申請〆切を控え、原型製作も第一段階の大詰めです。
今回は申請するものについて、お見せ出来る段階のものをひと通りご紹介します。

まず、1/12可動MEIKOです。こちらはまだお見せ出来る状態の原型画像はありません。
基本はDIVAのメイコ・オリジナルになりますが、前回書いたように企画を盛りこんで申請しております。
いや「ちょっとした」じゃないですよ!FIESTAとして初めての、イラストレーターさんとのコラボになります。ラフを描いて頂きつつ、打ち合わせをしたりと諸々進めております。



続いて、ゲッターロボ號よりノンスケール可動ゲッター翔。脚は複製してもう一方を作ります。
ダイナミック企画は初めて申請する版元さんなので、どの程度で通るのか分からないのもあってかなり作りこんだ状態で申請するべく製作しております。

130421g.jpg

そして1/12可動弱音ハクと草薙素子です。詳しいことは追記にて。

130421b.jpg


“本申請に向けて”の続きを読む>>
製作過程 | 【2013-04-21(Sun) 02:51:16】 | Trackback(-) | Comments(-)
1週間でピンキー改造
日曜のイベントでお目にかかった皆様、どうも有り難うございました。
当日は札幌にCAFFEINさんが来られるということで、弱音ハクはすでにたくさんお持ちだろうし、変化球で本音デルをプレゼントしようと思い、久しぶりのピンキー改造をしました。
どのくらい久しぶりかというと、最後に完成させたのがあずにゃんなので……1年以上していなかったということになります。
WF用に原型や展示見本をいくつも作ったりしてたので、そんなにしていないとは思ってませんでした(;´Д`)

■1日目
まずはパーツを選択した後、マニキュアのリムーバーで塗装を落します。ティッシュにリムーバーを染み込ませて大まかに拭き取ったら、細かい箇所は綿棒できれいにします。



前髪とシャツの裾にパテ盛りしていきます。パテはマジックスカルプを使用。硬化後は若干削りづらいですが、PVCへの食い付きがいいので改造に重宝します。
ヘッドホンの耳の部分はコトブキヤのプラパーツを使用。今回は取り外せるようにはしないので、後髪パーツに接着してしまいフィット感を重視してます。

dell3_02.jpg

■2日目
前日に盛ったパテをペーパー(240番)で整形したら、パンツの裾にパテを盛って靴に被さるようにします。
今日はここまで……。

dell3_03.jpg

■3日目
パンツの裾を整形し、半袖だったシャツをパテ盛りで長袖に。この時点で手首部分を切り離しておくと塗装のときに楽になります。
ピンキーとはいえ男性キャラなので、多少は逞しさが出るように肩や胸にもパテ盛りしています。

dell3_04.jpg

■4日目

前日盛ったパテをペーパーで整形して、胸ポケットとネクタイをつけます。
ポケットは薄く延ばしたパテで、ネクタイは翻ってる感じを出したかったので1mmのプラ板を使います。プラ板を指で捻って曲げ、クセをつけています。

dell3_05.jpg

後ろ姿はこんな感じになっています。

dell3_06.jpg

続きは追記にて。


“1週間でピンキー改造”の続きを読む>>
製作過程 | 【2011-03-09(Wed) 02:33:02】 | Trackback(-) | Comments(-)
1/8魅魔製作中 その2
前回に引き続き、今回も1/8魅魔様です。

だいたいの形状は前回までに出ているので、表面処理を含めた仕上げ作業を進行中です。
今回から登場しているベースは、ウェーブのD・ベース(だ円L)を塗装したものですが、随分昔に買っておいたものなので、現行商品かは不明です。
本体とは、尻尾下部の軸(5mmプラ棒)と杖(2.5mmピアノ線)で接続してあります。2点支持ですが、意外にしっかりしています。



ここでおすすめの品をひとつ。ホルツのプライマー(白)はパテへの食い付き、隠蔽力、塗膜の強さのバランスが非常にいい感じです。
もちろんレジンへの食い付きもいいですし、ホームセンター系のお店で普通に手に入る白色のサーフェイサーとしては一番におすすめだと思います。
ま、私の家から一番近いホームセンターはホルツ商品自体の取り扱いをやめるっぽいのですが(;´Д`)

mima_12.jpg

幽霊足といいますか尻尾のパーツは、サーフェイサーで表面処理後、グロスの黒(実際は濃いグレー)を塗ってからクリアーコートしました。黒く塗ったのは細かいキズを見やすくするためです。
クリアーが乾燥したらコンパウンドで磨いてツルツルにして、これを型取りしてクリアーレジンに置換します。

mima_13.jpg

こちらがクリアーレジンに置換後です。若干の微細気泡はありますが、それほど気になるレベルではないかと。
今回使ったのはウェーブのハイグレードキャスト・クリアです。初めて使いましたが、クリアー樹脂の中ではかなり扱いやすい方だと思います。コストパフォーマンス、気泡の抜け、硬化時間はどれも合格点。少し黄色がかっているのが残念ですが、上から色を塗っちゃう場合にはあまり関係ないですし……。

mima_14.jpg

尻尾パーツはパーティングラインをペーパーがけとコンパウンド磨きで処理したら、プライマー(クレオス)、蛍光ブルー(ガイア)、クリアー(ガイア)と吹き重ねてこんな感じです。
写真は、左から原型、テストショット、本番のパーツになります。

mima_15.jpg

続きは追記にて。


“1/8魅魔製作中 その2”の続きを読む>>
製作過程 | 【2010-12-21(Tue) 00:09:20】 | Trackback(-) | Comments(-)
次のページ