プロフィール

FIESTA

Author:FIESTA
札幌のガレージキットディーラー&同人サークルです。日常はTwitterにてどうぞ。

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
04  02  12  11  05  08  07  06  05  04  03  10  08  07  06  04  03  02  01  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
メールフォーム
拍手コメントでは文字数が足りないという方はこちらから。
Twitter

Twitter < > Reload

リンク
カウンタ
RSSフィード
テスト
弱音ハクの股関節について
先日のWF2013sで販売した1/12可動弱音ハク〈スイムウェア〉の股関節部分の製作Tipsです。

最初に、腰パーツのガイド位置に3mm径の穴を開けます。



イエローサブマリン製「球体ジョイントスリム」の5mmボール2個とランナーを使用します。
ハクについては球体ジョイントスリムが1枚あれば足りるようになっています。

130817b.jpg

腰パーツに開けた穴にランナーを通し、両側に5mmボールを接着します。ランナーの長さはお好みで調節して下さい。

130817c.jpg

キット付属の塩ビチューブを3mmの輪切りにします。

130817d.jpg

続きは追記にて。


“弱音ハクの股関節について”の続きを読む>>
ガレージキット製作過程 | 【2013-08-17(Sat) 23:39:59】 | Trackback(-) | Comments(-)
ゲッター翔の関節について
WF2013sで販売した可動ゲッター翔では、股関節部分の組み立て方が少々特殊になっております。
インストでも図解しておりますが、もう少し詳細な解説が必要かと思われますのでご購入の方はこちらをご覧下さい。

sho02.jpg

まず、腰部パーツにガイド位置がありますので、そこに3mm径の穴を開けて下さい。



キットに同梱している塩ビチューブを3mmの長さで輪切りにします。全部で4つ必要です。

130812b.jpg

イエローサブマリン製球体ジョイントスリムの5mmボール2個とランナー部分を用意します。色はお好きなものでどうぞ。
また、3mmのプラ棒とWAVEのBJ-05(ボールジョイント5mm)でも大丈夫かと思いますが、店頭入手出来なかったため実際に使えるかどうかは未確認です。

130812c.jpg

腰パーツに開けた穴にランナー(長さはお好みで調節して下さい)を通し、両側に5mmボールを接着します。

130812d.jpg

続きは追記にて。


“ゲッター翔の関節について”の続きを読む>>
ガレージキット製作過程 | 【2013-08-12(Mon) 01:29:49】 | Trackback(-) | Comments(-)
1/12可動草薙素子の製作
当ディーラーの可動フィギュアは、関節ジョイント以外はキットに入っているパーツのみで完成するように配慮しておりますが、ほんの少し手間をかけて頂くと、よりプレイバリューが広がったり破損しづらくなったりします。
下記を参考に、可能な範囲でお試しください。

まずはFIESTA製可動フィギュアの定番ですが、胴体のジョイントは球形ジョイントではなくボールジョイントを使用するとポージングしやすくなります。
イエローサブマリンのボールジョイント(中サイズ)やWAVEのBJ-05等がサイズが合います。



これもFIESTA製可動フィギュアの定番工作です。首の接続部のボールはレジンの収縮で歪みがあるので、イエローサブマリンのフレキシブルパイプ(大)に変えると強度も精度も向上します。
写真のクリアの他に、成形色が肌色のものもあります。

130311b.jpg
130311c.jpg

髪パーツの前後にはネオジム磁石を埋め込んで、磁力で保持するようにすると顔パーツの交換時に便利です。
ハイキューパーツさんの製品は、一部模型店や家電量販店でも入手出来ますし、サイズも豊富で重宝します。写真で使用しているのは直径2mm・厚さ1mmのタイプです。

130311d.jpg

追記は手首パーツについてです。


“1/12可動草薙素子の製作”の続きを読む>>
ガレージキット製作過程 | 【2013-03-11(Mon) 23:59:30】 | Trackback(-) | Comments(-)
1/12男性可動素体の製作
先日通販受付を終了した可動男性素体ですが、普段あまりガレージキットに触れたことのない方からのお申込もあるようですので、簡単に製作のコツをご紹介します。

【最初に】
・パーツには離型剤が付着していますので、組み立て前に中性洗剤などで洗ってください。
・バリやパーティングラインは、デザインナイフや紙ヤスリなどで整形してください。
・気泡がある場合は、パテや瞬間接着剤で埋めた後、紙ヤスリで整形してください。
・ジョイントを差し込む穴はまず2.9mmのピンバイスで開口して、キツいようなら3mmに拡張、それでもきつければジョイントの軸を削るようにすると緩みが防げます。同一製品でも軸径に個体差があるようですので、ご注意下さい。
・ジョイントの軸が干渉する場合は適宜ニッパーなどで切断してください。あまり短くしてしまうとジョイントが脱落しやすくなりますのでご注意ください。

【ジョイント部分について】
胸パーツの腕を差し込む穴は若干下向きに開口してください。可動範囲が拡がります。

130304_001.jpg

首の接続は「イエローサブマリン・関節技ボールジョイント」の小サイズ、胴体の接続は同製品の中サイズを使用すると可動がフレキシブルになってポージングしやすくなります。(小サイズの軸径は2ミリです)
写真のクリアの他に成形色がグレーの製品があります。

130304_002a.jpg
130304_002b.jpg

脚の差し込み穴は軽く内側に向かうように開口してください。身体の側面のラインと平行になるように開けるのが目安です。

130304_003.jpg

他の箇所は追記にて。


“1/12男性可動素体の製作”の続きを読む>>
ガレージキット製作過程 | 【2013-03-03(Sun) 23:25:40】 | Trackback(-) | Comments(-)
新作のジョイントについて
いつもならWF直後はお疲れ様でした~というような記事をUPしておりますが、今回は新作のインストで関節用ジョイントの詳細な個数を記載しておりませんでしたので、先にそちらをお知らせします。
以下はすべて、イエローサブマリンの「関節技・球体ジョイント」にサイズ、色共に準拠しております。

まず、1/12可動初音ミク∞です。使用する位置は画像をご覧ください。
※インストでは6mm×12個と記載しておりますが、以下が正しい個数です。
  ピュアホワイト 6mm×2個
  ダークグレイ 6mm×6個
  ダークグレイ 8mm×1個



このミクから採用した股関節の軸は、同じくイエサブ製「ダブルボールジョイント(中)」に変更すると精度や強度が増します。

追記は少佐と拡張パーツセットです。


“新作のジョイントについて”の続きを読む>>
ガレージキット製作過程 | 【2013-02-12(Tue) 23:33:46】 | Trackback(-) | Comments(-)
次のページ