プロフィール

FIESTA

Author:FIESTA
札幌のガレージキットディーラー&同人サークルです。日常はTwitterにてどうぞ。

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
09  04  02  12  11  05  08  07  06  05  04  03  10  08  07  06  04  03  02  01  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
メールフォーム
拍手コメントでは文字数が足りないという方はこちらから。
Twitter

Twitter < > Reload

リンク
カウンタ
RSSフィード
テスト
アクリル絵具による瞳塗装
ガレージキットフィギュアの製作で難関だと感じる方が多いのが瞳の塗装のようです。
その方法は人それぞれで、一般的なのはエナメル塗料を使用するものだと思いますが、私はピンキー改造の頃からずっとアクリル絵具を使用しています。
元々はCSの京都チャンネルで放送していたボークスの番組でスーパードルフィーのカスタム講座を見たのがきっかけですので、ドール方面の方ならメジャーかと。
個人的にははみ出ようがいくらでもリカバリーが効くし、臭いも気にならないし、落とすのもシンナーどころか水や洗剤で落ちるし、いいことづくめの方法だと思ってます。
大急ぎの時はドライヤーで熱風→冷風を繰り返して強制乾燥させることも可能です。

それで、アクリル絵具で描いていると言うと結構色々訊かれることが多いので、今回はWF用の塗装見本を作る際に記録をとってみました。写真の枚数も30枚オーバーな上に分かりづらいモノが多いのですが、何かのヒントにして頂ければと思います。

12neru_11.jpg eyep_36.jpg

まずは使用する道具です。

eyep_02.jpg

【アクリル絵具】 ※9/25 絵具の色を追記
初めて買う方には写真の造形村アクリルカラーのベーシックカラーセットがいいと思います。基本色10色+うすめ液2本で、コツコツ作り続ける方でも1年くらいは余裕で保つ量です。
私はさすがにもう無いので、リキテックスとアクリルガッシュを使用しています。両者の特徴は以下の通りです。
  ・リキテックス   粒子が細かくのびが良いが乾燥は遅い。乾燥後はツヤがある。
  ・ガッシュ   粒子は粗いが乾燥が早い。乾燥後はツヤ消し。
主に白と黒をリキテックス、それ以外の色をガッシュで揃えています。白と黒も最初はガッシュだったのですが、この2色はアイラインやハイライトなど細かい部分に使うことが多いので、粒子が粗いガッシュからリキテックスに変えました。
ただ、白目の下塗りの時は、粗くてもいいので乾燥を急ぎたいですし、ツヤ消しにして次の色のノリを良くしたいのでガッシュの白を使用します。また、混色する時もガッシュの方を使用しています。
定着の度合いですが、しっかり乾燥してしまえば手で触ったくらいでは落ちません。むしろ長期間置いたものを落とそうとすると、アクリルシンナーでも落ちづらく、洗剤液につけ置き→歯ブラシでガシガシこするくらいじゃないと落ちてくれないです(;´Д`)

絵具の色ですが、パッと見でいい色に見えても混色すると全然違う方向になることがあります。例えば白と黒で薄いグレーを作ろうとしたら、ヤケに青っぽくなってしまうとか。
以下の色は私が使っている全ての種類です。これだけあれば大体の色は作れます。すべて混色に向いた色ですので、どれを買っていいか迷った際は参考にして下さい。
  ・リキテックス
      チタニウムホワイト、マースブラック
  ・ガッシュ
      ホワイト、ジェットブラック、パーマネントレッド、パーマネントイエローオレンジ
      パーマネントイエロー、イエローオーカー、バーントシェナー、バーントアンバー
      ディープパープル、マリンブルー、パーマネントグリーンディープ

【筆】
これだけは絶対にいい物を使うことをおすすめします。いいものを使うと、自分が上達したような気になるほど出来上がりが違います。タミヤなど模型メーカーの面相筆は太すぎるし毛は抜けるし塗料はロクに含まないしで、使いづらいことこの上ないので絵具を混ぜる時くらいしか使いません。
写真は造形村スペシャルブラシ・青(テン毛)の5番と7番です。ピンキー、ねんどろあたりは7番中心、1/8~1/12だと5番中心ですが、5番でも太いと感じるようになってきたので、先日3番も購入しました。1本あたり1,000円未満で買えます。
造形村の筆は文青堂のOEMのようですので、ビーズホビーなどでも購入できることになります。

【溶剤・うすめ液】
アクリル絵具なので当然水でも薄められますが、造形村のアクリルカラー専用うすめ液を使用しています。アルコール系なので乾燥が早く、シンナーほど臭いが強くありません。
その代わり、乾燥後のものを落とす力は弱いので、はみ出たものを修正したりする時はアクリルシンナーを併用しています。塗ってすぐならうすめ液でもOK。
また、拭きとった時に薄くレジンの表面に入り込んでしまってきれいに取れないような場合はアセトンを使用しています。PVCフィギュアの塗装などを落とす時にも絶大な威力を発揮するものなので缶で買ってますが、百均の除光液でもアセトンの多いものなら代用できます。(アセトンはわりと体に有害なのでお気をつけ下さい)
ちなみに、アセトンなどでPVCの表面が荒れて使用していない部分とのツヤの差が出たり、新品のピンキーの顔パーツがテッカテカだったりする場合は、メラミンスポンジで擦ってやると軽いツヤ消しになっていい具合になります。番手の高いスポンジヤスリみたいなイメージです。

【綿棒】
普通の綿棒の他、タミヤやGSIクレオスなどから出ている、先の尖ったタイプは必須。
モールドに沿って溜まった塗料を吸い取ったり、はみ出た部分を修正したりと大活躍します。

【パレット】
パレットは洗う手間がないのでペーパーパレットを愛用しています。メーカーはどこでもOK。私は造形村のを使用、1枚を半分に切って使っています。

【ブラシエイド】 ※9/24追記
いい筆を使うならお手入れもしっかりして長持ちさせたいので、私はブラシエイドを使用しています。
ブラシエイドは、筆やハケ用の洗浄液でトリートメント効果もあるというものです。模型店や画材店で手に入ります。また、普段は毎日使うわけではなく、一段落ついてお道具箱にしまう前に使っています。
これを使うと使わないとでは、塗料の含み具合も筆の滑り具合も全く違うのでオススメです。
写真のものはシリウス(現在はトライデント)のものですが、OEMで色々なメーカーから発売しています。容器を見れば大体どれも同じ形をしているので、見ればすぐ分かります。
洗うと言うよりは剥がすという感じでして、ペンキでゴテゴテになっても落ちるらしいですが試したことはないのでなんとも言えません。
使い方は普通に水などで洗った後、ブラシエイドのなかで軽く振ってゆすぎ、流水で軽く洗い流したら穂先を整えて終わりです。まさに髪の毛用のリンスみたいな使い方。
ちなみに私は写真右のように、GSIクレオスの「Mr.ブラシウォッシャー」に入れて使っています。
商品の容器そのままだと深すぎるのと、落ちた塗料が底に溜まってしまい筆になすりつけるような状態になるのですが、ブラシウォッシャーならこれが金具の下に溜まるので上澄みだけを使えます。

eyep_41.jpg


いよいよキットに手を付けます。今回は1/12重音テトと市販ピンキーの顔パーツを塗装します。1/12だと小さすぎるので、ピンキーのほうが伝わりやすいかと……。
写真は離型剤を落として表面処理をした状態です。パーツがあまりにもツルツルしている場合は絵具のノリが悪いので、一度全体につや消しクリヤーなどを吹いてもいいと思います。



まず最初に、ガッシュの白で白目の下塗りをします。ベタ部分が広いと筆ムラが気になるので3~4回塗っては乾燥させてを繰り返し、しっかり白をのせます。最初は表面張力が出るくらい大量に置いてもいいと思います。
この場合はモールドがあるのであまり考えずに置いてますが、モールドがない場合は後述のアイラインを先に引いて形を決めてからにします。
最終的な形の調整は後でするので、多少歪んでようがはみ出ていようが気にしません。
ムラなく白くなったら、一晩置いてしっかり乾燥させます。
この白目の下塗りの時は、先に書いたドライヤーでの乾燥をすると、風で塗料がフチに溜まったりするのでやめておいたほうがいいと思います。できなくはないですが。

eyep_03.jpg eyep_04.jpg

続いて黒目の位置を決めます。黒目のうち明るめの部分の色で、少し小さめに描く→少しずつ太らせていくイメージで黒目の形を決めます。極端にはみ出たり形が変になってしまったら、修正液を使うようなつもりで乾燥してから白で整えます。
これも2~3回ほど繰り返して、ムラをなくします。
視線が正面向きの場合は、多少寄り目かな?というくらいがちょうどいいかと。
ちなみに、目の塗装の定石として「ある程度進んだらクリヤーを塗ってその状態まで戻れるようにセーブする」という方法があります。
これはこれでもちろん便利だとは思いますが、クリヤーでつるんとしてしまうとその後の塗料のノリが悪くなるので私は使っていません。基本的に重ね塗りで対処していきます。

eyep_05.jpg

続いてアイラインを引きます。アイラインで目の形(=キャラクターの表情、性格等が変わるので、ここは納得いくまでやり直しましょう。
最初は茶系に白を多めに混ぜた色(肌と同系統だけど少し濃い色)で、下書きをするようなつもりで細く引きます。
「これでいこう」という線が出来たら、徐々に濃い色にしつつ、線も太らせていきます。
私はここでは黒までは使いません。眉や瞳のシャドウ部分の色が入ってからバランスをみて濃さを調整します。

eyep_07.jpgeyep_06.jpg

ちなみに、細い筆を使っても細い線がうまく引けないという時は、いくつかの理由が考えられます。
  ・筆に塗料を含ませすぎている → 含ませすぎ=筆が太っているので塗料を含ませた後、ティッシュの上でポンポンと軽く置いて、余分な塗料を落とします。
  ・塗料が濃すぎる、薄すぎる →どちらもスッと筆が動きません。薄めた後にペーパーパレットに線を引いてみましょう。薄くしすぎると線が途切れて点線状になってしまうので、写真のように途切れないくらいの濃さにします。

eyep_08.jpgeyep_11.jpg

  ・筆ではなく手を動かしている → 線を引くのに手を動かすのは当たり前だろ!と思うかもしれませんが、手そのものは固定しています。手と顔パーツを固定して、指先をクイッと動かす感じで短い線を引き、それを何回も繰り返すことで長い線にします。手ごと動かすと間違い無くヨレヨレのブレブレになります。
指先だけで筆を動かすと当然ながら一方向にしか線が引けませんので、パーツ側をその都度回転させて、筆の動く方向に合わせます。

eyep_09.jpgeyep_10.jpg

ちなみにアイラインの形ですが、五角形~六角形を意識するといいと思います。
この辺は美少女イラストの描き方、とかそんな本を立ち読みするといろいろ解説されています。

eyep_37.jpg

続きは追記にて。


“アクリル絵具による瞳塗装”の続きを読む>>
改造・塗装方法 | 【2012-09-24(Mon) 01:31:31】 | Trackback(-) | Comments(-)
スカートを作る(ポリパテ使用)
久しぶりのピンキー改造方法の記事です。

今回はポリパテでピンキー用のスカートを製作します。
書籍「あっちこっちピンキーストリート」などではエポパテを使って作る方法を紹介していたと思いますが、エポパテで作るとどうしてものっぺりしちゃうのがちょっと……という方におすすめです。
同じような作り方ですが割りと手軽にふんわりした感じのドレープ感を出せます。
ポリパテを買ってみたけど今ひとつ合わなくて残っている方なども試してみて下さい。


今回使用する道具:
  ポリパテ、油粘土、デザインナイフ、紙やすり(120番~)、
  溶きパテ、サーフェイサー等

1. 適当な足パーツを用意します。



2. 足パーツに油粘土を盛ります。これがスカートの中の形状になるので、目指す形より小振りに。
  粘土の表面はできるだけ滑らかにしておいて下さい。

100304b.jpg

3. その上からポリパテを盛ります。ここはちまちま盛るんじゃなくて、どっさりもっさり行っちゃいましょう。

100304c.jpg

4. ポリパテが硬化したら、粘土と足パーツを抜きます。
  ポリパテに粘土がくっついた場合、洗い流してきれいにしておかないと後で泣きたくなります。

100304d.jpg

続きは追記にて。

“スカートを作る(ポリパテ使用)”の続きを読む>>
改造・塗装方法 | 【2010-03-05(Fri) 01:55:26】 | Trackback(-) | Comments(-)
女プリーストリペイント中 その3
すっかり年末ですね。私は今日からお休みです。まとまった休みは久しぶりなので色々としなければいけないことも、やりたいことも満載です……休みなのに(;´Д`)

さて、女プリのリペイントの3回目はベースの塗装です。

1. 付属のベースは黒のABS製で、色気も何もありません。もはや付いてるだけ有り難いという領域です。なので今回は、大理石風に塗装してみようと思います。
塗装の前に中性洗剤で洗って、しっかり乾かしたらリペ開始です。



2. 塗装を始める前にダボはマスキングして、塗料で太らないようにしておきます。
まずはフィニッシャーズのプラサフホワイトを吹いて、下地&白の塗装を1回で済ませます。
このフィニッシャーズのプラサフは食い付きがよく、隠蔽力もあるのでおすすめです。

rep_rofig19.jpg

3. 続いてエナメルの黒とグレーを筆でまだらに塗ります。エナメルシンナーを使ってぼかしながら塗る感じです。
黒やグレーだけでなく、ところどころ青や茶色も使うと深みが増すように思います。

rep_rofig20.jpg

続きは追記にて。


“女プリーストリペイント中 その3”の続きを読む>>
改造・塗装方法 | 【2009-12-29(Tue) 19:37:52】 | Trackback(-) | Comments(-)
figma用スタンドを変える
フィギュアそのものをカスタムしていると、ベースなどにも凝りたくなるのが人情だと(勝手に)思うのですが、今回はfigmaのスタンドをいじってみたいと思います。
figmaのスタンドはすごく使いやすくて好きなのですが、色気という意味ではちょっとというか、かなり足りません。
というワケで、今回はお手軽になんとかしてみます。



適当なトレーディングフィギュアのベースを塗装して、痛バイクを作った時に余ったグッスマデカールを貼ります。今回は鏡音リンなので黄色が基本色です。
ベースに穴が開いてたりする場合は、先にパテで埋めて平らにしておきます。
ちなみに、塗装が出来て、後で穴を開けられるような素材であれば、フィギュアのベースではなくコースターでも皿でも木でもなんでもOK。但し、figmaの重量を支えられるバランスの大きさ&重さであることが重要です。
デカールが乾いたら、ウレタンクリアでコートします。ウレタンクリアは扱いが面倒で……という方には、ガイアノーツのクリアが固めでオススメです。

figma_base02.jpg


“figma用スタンドを変える”の続きを読む>>
改造・塗装方法 | 【2009-07-11(Sat) 01:45:05】 | Trackback(-) | Comments(-)
反りを直す
※7/4:思った以上に反響が大きかったので、具体的な写真などを追加しました。

いよいよ仕事が忙しい時期がやってまいりまして、春先に比べるとかなりペースダウンしていますが、ちゃんとチルノも作ってますよ~。
手首のところは他の手首パーツに交換する場所ですし、継ぎ目があるのは避けられないので、何か可愛い細工をして目立たないようにするつもりです。

ねんどろチルノ

そんなワケで更新するネタが少ないので、今回は趣向を変えてピンキーをはじめとしたPVCフィギュアの簡単なメンテナンス方法……というか、反りの直し方をご紹介します。
ここ1週間ほどの暑さで、あっという間にうちのシャナピンキーも反ってしまいました。パーツを改造に使いたいと思っても、このままでは使うことが出来ません。

シャナ・前から

シャナはうちに来て1ヶ月くらいしか経ってないのですが、後ろ髪の重さがテキメンにきいています。
可動首ではないので、アゴを引くようにして角度をつけてやることも出来ません。

シャナ・横から

ちなみに今回ご紹介するやり方は、改造したりリペイントしているピンキーやPVCフィギュアにはダメージとなりますので、行わないで下さい。
また、手を加えていないものでも、元々の塗装の状態が悪いと塗膜に内在している気泡が膨張したりしてダメージを受ける可能性がありますので、あくまで自己責任でお願いします。

実際の直し方は追記にて!


“反りを直す”の続きを読む>>
改造・塗装方法 | 【2009-06-30(Tue) 01:52:43】 | Trackback(-) | Comments(-)
次のページ