プロフィール

FIESTA

Author:FIESTA
札幌のガレージキットディーラー&同人サークルです。日常はTwitterにてどうぞ。

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
04  02  12  11  05  08  07  06  05  04  03  10  08  07  06  04  03  02  01  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
メールフォーム
拍手コメントでは文字数が足りないという方はこちらから。
Twitter

Twitter < > Reload

リンク
カウンタ
RSSフィード
テスト
制作中あれこれ その24
最近薄まってきているピンキー成分を補給しますよ!
まずは新しく製作開始した物からご紹介です。

エヴァ・破が面白すぎたので、「これは作ってPキャラと並べたい!」と真希波・マリ・イラストリアスを作っています。
つーかあれは面白すぎでしょう……エヴァが嫌いじゃなければ一度は劇場で見ておくべきかと思います。私は今週、2回目に行って来ようと思ってます。1回目はただただ圧倒されたので。
で、制服姿で作っても面白味にかけるので、仮設5号機搭乗時のヘンテコプラグスーツです。頭部は丸ごと差し替えてヘッドギア装着状態に出来るようにします。
今はエッチングパーツの眼鏡でいいものを探している最中ですが、そんな時にWFのVANCEブースでは購入特典でエッチング眼鏡を配ってたらしいじゃないですか!せめて通販してくれればいいのになぁ。

真希波・マリ・イラストリアス

続いては、この前ちらりと仮組み状態が出た謎の人です。
このシルエットになると分かる人が増えるかなと思うのですが、ファンタシースターオンラインのフォマールです。しかも鈴フォマ。
PSOはWin版を死ぬほどやりましたが、チートとかでグダグダになる前に友人達とROに移住したのでいい思い出しかありません。メインキャラは鈴じゃないフォマでしたが、やはり鈴の方がらしいよなぁってことで。

フォマ。

追記にもう一つあります。


“制作中あれこれ その24”の続きを読む>>
製作過程 | 【2009-07-27(Mon) 00:26:13】 | Trackback(-) | Comments(-)
ねんどろいど改造 チルノ
ねんどろいど改造の第2弾は東方Projectのチルノです。
こちらを先に着手してたのに、うっかりピンキーの方が早く出来上がってしまったのでした。
ベースになっているのは乱崎凶華のみです。第1弾のMEIKOが相当な大改造をしていたのに比べて、チルノはあまり大胆なことはしていません。

ねんどろいど・チルノねんどろチルノ

大きな改造点としては頭部の猫耳を落としたのと、凶華様のファティマみたいなワンピースのディテールを無くしたところでしょうか。ワンピースのウエストから下を切り落としてインナーのスカート部分だけを使用し、上半身とパテでつなげています。
足は削って成形色を出して裸足の状態にしています。

チルノ・正面

また、凶華様は尻尾があるのでスカートの後ろが持ち上がっているのですが、それを普通のラインに直しています。元々のスタンドは尻尾があって安定するような形になっているので、この改造に合わせて、スタンド部分を初音ミクのものと替えています。
ワンピースの裾の模様は、計算して左右対称になるようにしています。

チルノ・後ろ

細かい点は追記にて。


“ねんどろいど改造 チルノ”の続きを読む>>
ねんどろいど改造 | 【2009-07-21(Tue) 01:28:08】 | Trackback(-) | Comments(-)
制作中あれこれ その23
最近の記事はバイクだの車だのバキュームフォーマーだのと続いて、ここがフィギュア改造のblogだということを忘れてしまいそうなノリになってました。忘れてませんから!
そういえばバキュームフォーマーを製作した直後にCSの「プラモつくろう」の放送で、まさにバキュームフォームをやってまして、食い入るように見てしまいました。やっぱり実際に人がしてるのを見ると勉強になりますね。ホワイトメタルでの鋳造もやってみたくなったけど、どこに使えばいいのか……。
それにしても番組中のホワイトメタルの使いどころですけど、せっかくプラのパーツを金属に置き換えたのに、あんなにこってり塗装しちゃったら意味なくね?と思ったのは私だけでしょうか。

さて、前置きが長くなりましたが、チルノも忘れてません!
ボディはスカートのラインをちまちまと修正しています。

ねんどろチルノ

頭のリボンは、いつもならガシャフィギュアなどから大きさの合うものを探して流用するのですが、手ごろな物が見つからなかったのでエポパテで新造中です。
何故私がリボンの類いに流用パーツを多用するかというと、その方が強度の面でも重量の面でもパテなどで新造するよりいいからです。
パテみたいな固い素材で作ると、転倒どころかやすったりしてるだけでポキポキ折れちゃいますし、重いとバランスが悪くて自立しなくなったり、反りの原因になっちゃいますので。

リボン

足はディテールを削り込んで裸足に見えるようにしているところです。
ねんどろの足はちっさいので、裸足の方が合いそうかなぁと。

裸足に加工中

続きに新しい物&謎な物を色々と。


“制作中あれこれ その23”の続きを読む>>
製作過程 | 【2009-07-18(Sat) 02:53:44】 | Trackback(-) | Comments(-)
figma用スタンドを変える
フィギュアそのものをカスタムしていると、ベースなどにも凝りたくなるのが人情だと(勝手に)思うのですが、今回はfigmaのスタンドをいじってみたいと思います。
figmaのスタンドはすごく使いやすくて好きなのですが、色気という意味ではちょっとというか、かなり足りません。
というワケで、今回はお手軽になんとかしてみます。



適当なトレーディングフィギュアのベースを塗装して、痛バイクを作った時に余ったグッスマデカールを貼ります。今回は鏡音リンなので黄色が基本色です。
ベースに穴が開いてたりする場合は、先にパテで埋めて平らにしておきます。
ちなみに、塗装が出来て、後で穴を開けられるような素材であれば、フィギュアのベースではなくコースターでも皿でも木でもなんでもOK。但し、figmaの重量を支えられるバランスの大きさ&重さであることが重要です。
デカールが乾いたら、ウレタンクリアでコートします。ウレタンクリアは扱いが面倒で……という方には、ガイアノーツのクリアが固めでオススメです。

figma_base02.jpg


“figma用スタンドを変える”の続きを読む>>
改造・塗装方法 | 【2009-07-11(Sat) 01:45:05】 | Trackback(-) | Comments(-)
プレゼント応募者の方へ
前の記事で募集したバキュームフォーマープレゼントですが、2名様にご応募頂きました。有り難うございます。
ご応募0ということも予想しておりましたので、反応があってすごく嬉しいです!
それで、他に用途のないパンチングプレートが2個分余っていますので、お二人共にご当選ということにしたいと思います。フレームはダイソーに行けばすぐに買えますので……。

つきましては送付先をご連絡頂くために、この記事の拍手コメントよりメールアドレスをお知らせ下さい。拍手コメントは非公開にしているとはいえ、セキュリティ上問題があると思いますので、よろしくお願いします。
携帯電話のアドレスは出来ればご遠慮下さい。また、ご応募頂いた時のお名前を必ず書いて下さいね。
こちらからはyahooのメールアドレスよりお送り致しますので、迷惑メールフィルターに引っかかる可能性がございます。メールアドレスをご連絡頂いた後、2日以上経ってもこちらからのメールが届かない場合は、恐れ入りますが迷惑メールの受信履歴をチェックして頂き、それでも届いていない場合は再度拍手コメントよりご連絡下さいますようお願い致します。

追記に拍手のお返事です。


“プレゼント応募者の方へ”の続きを読む>>
その他 | 【2009-07-09(Thu) 21:19:33】 | Trackback(-) | Comments(-)
バキュームフォーマーを作ろう 工作&実践編
いよいよ実際にバキュームフォーマーを製作してみます。
使用する材料等はこちらをご覧下さい。 →バキュームフォーマーを作ろう 材料編
なお、自作バキュームフォーマーについては大日本絵画刊「モデルテクニクス2」に詳しいので、そちらも参考にして下さい。

1. ロアーハウジングとなる方のアートフレームの底板に、エアダクトの穴(掃除機のホースが入る大きさ)を開けます。
アートフレームは、フォトフレームと違って底板と枠が接着されているので、強い力がかかるバキュームフォーマーを作るのには都合いいです。



2. 今回は電動ドリルを使って穴を開けました。こんなのがあると穴開け作業に便利ですが、女性だと持ってない確率が高いと思いますので(そりゃそうだ……)、お父さんとか旦那さんとか、近所のDIY大好きなおじさんとかに頼んで開けてもらう方が手っ取り早いかもしれません。私も家族の物を借りて使ってます。

VF02.jpg

3. 底板と反対の面にパンチングプレートを接着。アルミなので、カッターでも切れます。
余計な所から空気が漏れないように、枠とパンチングプレートはしっかり接着して下さい。私は横着して瞬着でやってしまいましたが、エポキシボンドがベストじゃないかと思います。

VF03.jpg

4. 四辺にすき間テープを貼ります。ここも空気が漏れないようにピッタリと貼りましょう。何回も使用して、スポンジ部分が劣化したら貼りかえてしまえばOKです。なんせ78円で4mもあるので……。
これでロアーハウジングは完成です。

VF04.jpg

5. アッパーフレームは、底板を力技で剥がしただけです。これでバキュームフォーマー自体は完成。30分でお釣がくるくらいあっさりと出来ちゃいます。

VF05.jpg

追記からはバキュームフォームの実践編です。


“バキュームフォーマーを作ろう 工作&実践編”の続きを読む>>
道具とか | 【2009-07-05(Sun) 19:06:27】 | Trackback(-) | Comments(-)
バキュームフォーマーを作ろう 材料編
今、構想中のカスタムピンキーがあるのですが、それの製作に色々クリアパーツが必要になってきました。
チルノの羽のように塊ではなく中空である必要があるので、この際、バキュームフォームに挑戦してみることにしました。

バキュームフォームは、熱した樹脂の板(プラ板など)を型に押し付けつつ真空に近い状態にして、樹脂板を型にぴったりと吸いつかせるというものです。すごく大雑把な説明ですみません。
市販のバキュームフォーマー(桃象が有名です)は、ピンキーサイズには大きすぎますし、値段もそこそこ高く、材料のムダが多くなるので自作してみることにしました。

1. アートフレーム2個(ダイソー)
  バキュームフォーマーの枠として使用します。今回買った物はL150×W120×H28mmのもの。

フレーム

2. パンチングプレート(ホームセンター)
  ステンレスだと加工しづらいので、アルミ製のものを選択。L225×W300×H0.5mm。

パンチングプレート

続きは追記にて。


“バキュームフォーマーを作ろう 材料編”の続きを読む>>
道具とか | 【2009-07-05(Sun) 01:47:24】 | Trackback(-) | Comments(-)