プロフィール

FIESTA

Author:FIESTA
札幌のガレージキットディーラー&同人サークルです。日常はTwitterにてどうぞ。

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
02  12  11  05  08  07  06  05  04  03  10  08  07  06  04  03  02  01  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
メールフォーム
拍手コメントでは文字数が足りないという方はこちらから。
Twitter

Twitter < > Reload

リンク
カウンタ
RSSフィード
テスト
ねんどろ夢美制作中 その2
ねんどろ岡崎夢美の原型が完成しました。
通常の改造なら塗装して終わりですが、今回はキット化する練習を兼ねているのでこれから複製作業です。

ねんどろいどのベースはとにかく不安定なので、今回はdi:stageを使用します。
うちにあるねんどろで安定してるのって、ミクとKAITOくらいなんですよね。けいおん!シリーズなんて、フィギュア棚の戸を閉めた振動で倒れてくれます(;´Д`)
そして小道具を持たせるのではなく、スペルカードをモチーフにした十字架を配置。di:stageという広い空間があるからこそですね。

ねんどろ夢美

フィギュアそのものとベースは、di:stage付属のfigmaタイプのスタンドを使用して固定します。
カバースキンは普通にインクジェットで印刷したものを被せてます。

夢美・後ろ

続きもあります~。


“ねんどろ夢美制作中 その2”の続きを読む>>
製作過程 | 【2010-04-25(Sun) 00:42:18】 | Trackback(-) | Comments(-)
女プリーストリペイント中 その5
すっかり止まっておりました女プリーストのリペイント、今回は武器編です。
付属の武器はロングメイスです。ゲーム中でロングメイス使ってる殴りプリって見たことないですけどね……(;´Д`)
素材はABS製です。フニャフニャのPVC製じゃないのは有り難いのですが、これをリペしただけでは面白くないので、今回は金属(ホワイトメタル)に置き換えてみます。
過去には葛城ミサトのネックレスをホワイトメタルで作ってますね。



まずはWAVEのシリコーンゴムで元の武器を型取りします。柄は金属線にするので両端の形状のみ。
シリコーンゴムは耐熱タイプじゃなくても大丈夫ですが、熱対策のため若干肉厚にしておいた方がいいと思います。

pri5_02.jpg

レジンを注型する場合、普段小さめの型の時は輪ゴムでやってますが、熱の問題があるので金属製のC型クランプでクランピング。締めすぎると型が歪むので、軽く押さえる程度にしておきます。

pri5_03.jpg

続きは追記にて。


“女プリーストリペイント中 その5”の続きを読む>>
製作過程 | 【2010-04-16(Fri) 01:39:10】 | Trackback(-) | Comments(-)
WFにむけて その3
またしても原型制作中の記事です。改造系を楽しみにして下さってる方には申し訳ないのですが、4月末に版権本申請の〆切があるので、しばらくWFの記事が続きそうです。

さて、KAITOピンキーは服の模様をモールディングしております。
この衣装は2回作ってますが(ピンキーとHGIF)、とにかくマスキングが鬼のように大変なので、最初からモールドしておいた方が作ってもらいやすいよなぁという考えです。

KAITO・前 KAITO・後ろ

ピンキーでなおかつKAITOとなると女性がターゲットになると思いますので、キットを出来るだけ親切に作って、製作に使う道具も百均で買えるもの+αくらいで済みますよ、という方向にしたいのです。
「ガレージキットは敷居が高い」というイメージをちょっとでもやわらげることが出来たらと思って、靴もズボンも全部モールディングしています。

モールドしてます

追記は1/8サイズの方を。


“WFにむけて その3”の続きを読む>>
原型製作過程 | 【2010-04-10(Sat) 01:11:19】 | Trackback(-) | Comments(-)
WFにむけて その2
その1と記事の内容が前後しますが、WFに向けて1/8スケールのフィギュアを作ろうと決めたものの、このblogを読んで下さってる方にはお分かりでしょうが、これまでまともにフィギュアをスクラッチしたことなんてありません。
身体は試行錯誤しながらで何とかなりそうですが、顔はそうはいかないですよね。人形は顔が命ですし。
そんなこんなで、実際に作り始める前段階からずっと練習を続けています。

下の写真は使い慣れているエポパテの他、ポリパテ、石粉粘土(ファンド、Mr.クレイ、ダイソーなど)を使っていくつか作ってみたものです。
スカルピーにも興味はあるのですが、専用のオーブンを用意できないので今回はパスしました。Twitterで煮てもなんとかなるらしいとか、ホットプレートを使うとか色々アドバイスを頂いたのですけども、設置場所の関係もあるので(;´Д`)

顔練習中

エポパテは一発目の形が出しやすいけれど、微調整が難しい。
石粉粘土は悪くないけど、水洗いが出来ないのと強度が今ひとつなので微妙。
ポリパテは形状を出すのが面倒だけど、微調整しやすいし、硬化も早いのでストレス無く作業が進められそう。
というワケで、顔というか頭部はポリパテで作ることに決めました。

石粉粘土はストーブ(北国なので煙突ありのポット式灯油ストーブです)の上に金網のザルに入れてのせておくと、もりもり乾燥してくれるので、勢いでこんな感じ~と作って雰囲気を見るのとかにいいかもしれません。ストーブに頼ってると、夏はどうするんだって感じですが……。
下はそんな勢いでこねてみたMEIKOっぽい人です。ストーブの上なので、かかとあたりが焦げてます(笑)。

石粉粘土練習中 練習中……

続きは練習したものをもう1点と、拍手のお返事です。


“WFにむけて その2”の続きを読む>>
原型製作過程 | 【2010-04-04(Sun) 05:14:49】 | Trackback(-) | Comments(-)