プロフィール

FIESTA

Author:FIESTA
札幌のガレージキットディーラー&同人サークルです。日常はTwitterにてどうぞ。

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
04  02  12  11  05  08  07  06  05  04  03  10  08  07  06  04  03  02  01  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
メールフォーム
拍手コメントでは文字数が足りないという方はこちらから。
Twitter

Twitter < > Reload

リンク
カウンタ
RSSフィード
テスト
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
WF2010夏行ってきました
昨日はワンダーフェスティバル2010[夏]に参加してきました!
暑い中、わざわざスペースまでお越しいただき有り難うございます。
お買い上げいただいた方、撮影して下さった方、お話しさせていただいた方、目に止めて下さった方、皆さまに最大級の感謝を……。
お買い上げいただいたキットにパーツの不足がある場合は、こちらの専用メールフォームよりパーツ請求をして下さいますようお願い致します。CDの読み取り不良の場合は交換となりますので、同じくメールフォームよりご連絡下さいませ。

さて、当日のうちの展示の様子です。

展示の様子

一緒に写っているのは私じゃなくてIOSYSの龍波しゅういちさんです。遊びに来て下さった時に一緒にパチリ。
龍波さんは学生さんだった頃から存じてまして、お互いの黒歴史(笑)を知っている貴重な古いお友達です。
コラボで龍波フィギュアを作るか!というお話しとかしてたんですが、カッコいい漢フィギュアにするか可愛いデフォルメフィギュアにするか迷うところです(笑)。

前回の記事でお詫びいたしました弱音ハク「Cyber_diver」ですが、ホテルにエナメル塗料を持ち込み、暗い照明の中を筆塗りで悪あがきをしまして、展示した時点ではこのような状態でした。
キット自体も頒布用には1個しか用意できませんでしたので、このハクは再販なりリニューアルするなりで、必ず次回参加する際にも頒布致しますが、まずは現状のキットをきちんと塗装し直した物を製作して、blogにのせるところから始めます。
何よりも自分が納得しておりませんので、自分自身でこれ以上は出来ないというところまで挑戦する課題とします。

当日のハク


そして当日は、まったくスペースから出られませんでした。
あれも見たかった、これも買いたかったというのが全然出来ず、ご挨拶したかった方にもほとんどお会い出来ずで終わってしまいました。
前回は一人で楽しんでしまった分、今回は代わりに家族に楽しんでもらえたので良かったことにします(^^;

その他あったことなどを追記で……。


“WF2010夏行ってきました”の続きを読む>>
スポンサーサイト
その他 | 【2010-07-26(Mon) 20:08:20】 | Trackback(-) | Comments(-)
1/8弱音ハク「Cyber_diver」
ここ数日沢山の方に来ていただいておりますが、皆さまの一番期待されているだろう弱音ハクです。

最初に謝らせて頂きます。
申し訳ありません。塗装見本製作の時間が足りず、このような状態です。
これから現地で多少手を入れるつもりですが、元イラストを再現するための超絶な塗り分けは出来ないと思います。
キットも申請数に満たない、ごく少数の持ち込みになります。

※ コンピCDに関しては予定通り頒布致しますので、もしそちらが目的の方がいらっしゃいましたらどうぞご安心下さい。

※8/17追記:当日の最終状態の写真を以下のサイトにて掲載して頂いております。
     ASCII.jp:市井に埋もれた才能が花開く!  WF2010一般ブース【その4】
     重音テト公式ブログPTA通信:ワンフェス行って来ました!




自分の見通しの甘さが招いた事態で大変お恥ずかしいのですが、もし見に来て下さった方がいらした場合、何も無いよりはこの状態でも展示した方がいいと判断しました。

100724b.jpg

これの塗装は絶対にリベンジします!

※11/6追記:
重音テトオフィシャル「ツインドリル」のkappaさんから、WF当日に会場で撮影して下さった写真を送って頂きました!
お手数をおかけして申し訳ありません。どうも有り難うございます!

夏のCyber_diver


“1/8弱音ハク「Cyber_diver」”の続きを読む>>
ガレージキット完成品 | 【2010-07-24(Sat) 10:01:42】 | Trackback(-) | Comments(-)
弱音ハク複製中
CAFFEINさんのblogなどで、弱音ハク「Cyber_diver」の告知をして頂いて沢山の方がいらしているのに、新しい画像がまったく無くて申し訳ありません。
原型は完成したのですが、時間の都合でそのまま粘土へ直行してしまったので、原型完成状態の写真を撮っておりません(´・ω・`)
現在はこのような感じで複製を進めております。

ハク複製中

明日の朝には塗装済みの完成見本の写真を上げますので、もう一度見にいらして頂ければ……!
(明日は10時半に家を出なければ飛行機に間に合わないので、その前には上がっているはずです)


原型製作過程 | 【2010-07-23(Fri) 20:19:45】 | Trackback(-) | Comments(-)
1/8 フランソワーズ・アルヌール
7/25のワンダーフェスティバル2010夏で頒布する、1/8フランソワーズ・アルヌールの塗装見本が完成しました。

WFの展示用なので、最初は比較的オーソドックスな色(ソリッドの赤を半ツヤまたはツヤ消しで)のタイプと、ちょっと変わった塗装のタイプの2種を用意しようと思っていたのですが、時間的に厳しくなってしまったので、ちょっと変わった方で勝負に出てみました。なんの勝負なのかよく分かりませんが。

フランソワーズ・アルヌール

スーツのメタリックレッドは、まず初めにガイアノーツのスターブライトゴールドを吹き、その後にガイアノーツ、GSIクレオス、フィニッシャーズそれぞれのクリアーレッドを順に重ね吹きしています。
個人的な感覚ですが、クリアーレッドはこの順番で濃くなってると思います。
その上から半ツヤのクリアーを吹き、乾燥後に部分的にコンパウンドで磨いて、アクセントになるようにツヤを出しました。

フランソワーズ正面

ブーツはソリッドの黒の上からクリアーパープルを吹いて、深みのある黒を狙ってみました。ここはエナメルっぽくなるよう、ツヤ有りのままにしています。

フランソワーズ横 フランソワーズ横

マフラーはサフレスでイエローとオレンジで塗装して、光の透けで薄さ・軽さを感じられるように……と思ったのですが、普通の照明ではあまり透け感が得られませんでした(^^;
自然光の下でみると分かるんですけどね。サフレス塗装はこれから要修行です。

フランソワーズ後ろ

髪や肌については追記にて。


“1/8 フランソワーズ・アルヌール”の続きを読む>>
ガレージキット完成品 | 【2010-07-21(Wed) 23:24:03】 | Trackback(-) | Comments(-)
ピンキー・アリスの製作
KAITOに引き続き、アリスの塗装見本製作の様子です。
今回も市販のピンキーパーツを流用する作り方を盛り込んでみました。

1.セオリー通り離型剤を洗い、バリを取り、気泡を埋め、サーフェイサーを吹いて表面処理をします。
サーフェイサーはKAITOの時にも書きましたが、レジン用の物を使うのが無難です。入手の容易さも含めると、GSIクレオス製がベストなんじゃないかなぁと思います。
そして、各パーツの合いを確認するために一通り仮組みしてみます。

アリス仮組み

肌の露出している箇所はキットパーツを塗装しても、もちろん問題はありませんが、色合わせが面倒なのでピンキーの純正パーツを加工して使用してみます。
脚はPK005を使用。長さを合わせて切断し、軸(2mmのアルミ線)を差し込むだけです。

脚部分の流用

腕の方はちょっとした加工が必要となります。
キットを袖の部分で切り離し、モーターツールで袖の内側をえぐってから右腕をPK005、左腕をPK014から切り取り、1mmの真鍮線で接続。
腕、脚とも使用した純正パーツはあくまで一例なので、他のものを使っても大丈夫です。モノによって不自然なポーズになることはありますが……。

腕パーツの流用

続いて塗装に入ります。今回はノーマルな青に対して、赤黒に塗ってみます。また、マスキング無しで全部塗装していきます。
ブーツは全体をエアブラシでこげ茶に塗った後、エナメルのフラットブラックでソールを筆塗り。

ブーツの塗装

続きは追記にて。


“ピンキー・アリスの製作”の続きを読む>>
ガレージキット製作過程 | 【2010-07-21(Wed) 08:16:07】 | Trackback(-) | Comments(-)
ピンキーストリート アリス・マーガトロイド
※こちらは7/24に開催されるWF2011夏でも再版します。最終販売となります。

7/25のワンダーフェスティバル2010夏で頒布する、ピンキーストリート「アリス・マーガトロイド」の塗装見本が完成しました。
KAITOを3体製作したので、合わせてアリスも3体作りました。

アリス・マーガトロイド

過去に改造で製作した時の経験を出来るだけ活かしたつもりですが、とりあえずフリルが大変なのは改造でもキットでも変わりませんでした(;´Д`)
こちらの顔パーツはPK014を使用しています。

ノーマルアリス ノーマルアリス・全身

私が作るアリスのスカートがひざ丈なのは、ピンキーでふわっとしたロングスカートにすると、なんだかもったりしたラインになりがちだからです。あと長くすると裾の総延長も長くなるのでフリルがt(ry
顔パーツにも強気な表情ばかりを持ってきてしまうあたり、自分なりのアリスのイメージが活動的なんでしょうね。

ノーマルアリス・横 ノーマルアリス・後ろ

下の写真がキットに入るパーツになります。全14パーツです。
顔パーツは入っておりませんので、市販のピンキーストリートからお好きなものをお使い下さい。

キットパーツ一覧

追記に他のカラーリングを。


“ピンキーストリート アリス・マーガトロイド”の続きを読む>>
ガレージキット完成品 | 【2010-07-18(Sun) 23:46:10】 | Trackback(-) | Comments(-)
弱音ハクのコンピCD・続報
先日お知らせした弱音ハクのコンピレーションCDの最新版クロスフェードデモと、製作者のご紹介です。
まずはデモの方からどうぞ。な、なんか前回より繋ぎが悪くなってる気がしますが、それは全部私のせいです……。








この弱音ハクコンピレーションCD「Cyber_diver」は、7/25(日)のワンフェスにて頒布します。
曲目と参加者は以下の通りです。なお、今回のデモは曲順の通りになっています。

01 Overture!!        あルカP(M@SATOSHI)
02 Diver's Blue        MIJIPIN(Project ARTEMIS)
03 cyber diver         弱音P
04 Starlight Message   TACHE
05 Hacker            あルカP(M@SATOSHI)
06 Cyber Sadistic      North-T

マスタリングエンジニア:North-T
企画・製作・その他諸々:FIESTA

ご質問頂いたのですが、今のところ他のイベントでの委託などは一切予定しておりません。
WFの当日版権のルールに沿って製作したので、現状のまま他で頒布していいものなのか判断がつきかねる状態ですので、ご理解頂けたらと思います。

追記ではそれぞれの製作者をご紹介します。

“弱音ハクのコンピCD・続報”の続きを読む>>
その他 | 【2010-07-18(Sun) 05:02:38】 | Trackback(-) | Comments(-)
フランソワーズ・原型完成
フランソワーズ(サイボーグ009)の原型が完成しました。
WFまで10日をきって、もう日数的にギリギリな感じですが、まだまだこれから型を作って複製して……と先は長いです。サンプルと塗装見本も作らなくちゃいけませんね。
ちなみにWFの卓番や頒布する各アイテムの記事へのリンクなどは、常にTOPにある記事に追記していってますので、そちらもご覧下さい。

フランソワーズ・アルヌール

再監修を受けた時にある程度は出来ていましたが、やはり苦労したのは頭部です。

フランソワーズ原型 フランソワーズ横

他の角度は追記にて。

“フランソワーズ・原型完成”の続きを読む>>
原型製作過程 | 【2010-07-16(Fri) 05:44:50】 | Trackback(-) | Comments(-)
ピンキーAKAITOの製作
前回、塗装見本をご覧頂いたKAITOキットの製作の様子です。
実際に製作して頂く時に使える小ネタを仕込みつつ、黒赤AKAITOを作ってみました。
このキットは塗装の便を考えてコートやズボンの模様を凸モールドにしていますが、それだとイメージと違うよ!という場合もあると思います。ということで、今回はモールドをすべて落した状態で作っていきます。

1. 模様の凸モールドを削り落しつつ下地処理をします。キットのパーツは薄くなっている箇所もありますので、削り過ぎに注意して下さい。
下地のサーフェイサーは必ずレジン対応のものを使わないと、後でマスキングテープと一緒に剥がれて泣きを見ることになります……。

下地処理

2. ズボンと靴の接続は2mmのアルミ線が便利です。アルミ線は柔らかいので、足裏の接地も調整が楽です。
また、コートパーツと接続するズボンパーツのダボはキットの状態でもかなりタイトなので、塗装の厚みを考慮して少し削っておいた方がベターです。

アルミ線で接続

3. キットにも手のパーツは入っていますが、塗装だと色合わせが大変面倒なので、ここは手軽な方法をご紹介します。ご覧の通り、他のピンキーから手の部分を切ってはめるだけです。
Pキャラ春麗を使ったのに特に理由はありません。ほとんどのピンキーパーツが収まるはずです。

市販パーツを流用

4. AKAITOと言えば強気だったりキリッとしてたりなので、顔パーツも春麗を使っちゃいます。
仮合わせしたところ、おでこの部分が若干前髪パーツと干渉するので少し削っておきます。原型制作時はrmp001に合わせて髪パーツを製作していますが、他の顔パーツ使用時にきちんとはまらなければ、ここを削れば大体フィットします。
次に左耳に2mmの穴を開けてヘッドセットを差し込みます。ここはキットパーツの軸を切り取ってしまって接着してもOKです。
マイク部分はキット付属の虫ピンをヘッドセットの下部に0.5mmの穴を開けて差し込みます。長さや曲げ具合はお好みで。

顔パーツの処理

追記は塗装とアイリペです。

“ピンキーAKAITOの製作”の続きを読む>>
ガレージキット製作過程 | 【2010-07-15(Thu) 00:33:53】 | Trackback(-) | Comments(-)
ピンキーストリート KAITO
※こちらは7/24に開催されるWF2011夏でも再版します。最終販売となります。

7/25のワンダーフェスティバル2010夏で頒布する、ピンキーストリート「VOCALOID KAITO」の塗装見本が完成しました。
卓番も決定しましたので、これから当日まで順次塗装見本や製作方法の記事を上げていく予定です。

最初は原型も一番初めに完成したKAITOからです。AKAITOになってるのもおりますが、顔パーツに市販のピンキーの顔を使用していただくことで、こんなに個性が出ますよ~ということで、3体製作しました。
これからサンプル提出用に、もう1体ノーマルカラーリングを製作しなければいけないのですが(;´Д`)

KAITO&AKAITO

まずはノーマルなKAITO。

ピンキーストリート・KAITO

キットを特にいじることなく製作した状態です。使用している顔パーツはrmp001の目と眉をリペイントしたものになります。

KAITO・横 KAITO・背中

こちらがキットに含まれるパーツの一覧です。
全部で14個のパーツが入っています。ヘッドセットのマイクに使っている虫ピン(写真中央下)も1本ずつ入ります。

KAITOパーツ一覧

AKAITO二人の写真は追記にて。


“ピンキーストリート KAITO”の続きを読む>>
ガレージキット完成品 | 【2010-07-12(Mon) 02:42:38】 | Trackback(-) | Comments(-)
ねんどろいど改造 岡崎夢美
8/17追記:
2010年9月5日に大田区産業プラザPIOにて開催される「幺樂団カァニバル!」にて、このねんどろ教授が展示されます。
スペースは、幺20 苺十字総本舗です。参加される方はぜひお立ち寄り下さい。

ねんどろいど改造の第3弾、および当blogの200件目の記事は、「東方夢時空」より教授こと岡崎夢美です。
完成してから結構経つので、設定画を描いて下さったツバネさんのサイトで既にご覧になった方もいらっしゃるかもしれません。
とにかく公式の資料が少ないキャラクターですので、少ない中でどのようにねんどろいどのフォーマットに納めるかで、かなり試行錯誤しました。

ねんどろいど岡崎夢美

制作中の記事でも書いてますが今回はキット化の練習を兼ねていましたので、すべてレジンに置換しています。
ということは、こんな事も出来ちゃうのです。

教授2Pカラー!
顔もねんどろ黒執事のものを使用して、悪役っぽい表情にしています。

夢美2Pカラー

青バージョン!
これとノーマルで使用している笑顔は、澪の顔パーツです。

夢美・青Ver.

ちなみにこれらは今後、夏コミや東方旧作のオンリーイベントなどで直接実物をご覧頂ける機会があるかもしれません。
細かいところは追記にて。


“ねんどろいど改造 岡崎夢美”の続きを読む>>
ねんどろいど改造 | 【2010-07-10(Sat) 04:39:48】 | Trackback(-) | Comments(-)
弱音ハクのコンピCD
一番上に表示されている記事で、さっきまでずっと「立体じゃない秘密のアイテム」と書かれていて、なんじゃそりゃー!と思われていた方もいらっしゃるかと思いますが、今回はそのアイテムについてです。

※ 7/18:新クロスフェードデモと製作者の紹介記事をUPしました。コチラからどうぞ。

今回のWFで頒布する1/8弱音ハク「Cyber_diver」のイメージを音楽でお届けしようというテーマの、同人音楽CDを同時頒布します。
全6曲収録でインスト、ボーカル曲の両方が混在しています。ボーカル曲はもちろんミクをはじめとするクリプトン社のVOCALOIDを使用しています。
参加者は以下の5名のPになります。みんなありがとう!(五十音順)

  あルカP(M@SATOSHI)
  TACHE
  north-T
  MIJIPIN(Project ARTEMIS)
  弱音P

そして、第一弾クロスフェードデモを作成しました。
仮ミックスの音源を強奪したものもありますので、最終のデータが揃ったらまた作成する予定です。
各楽曲の制作者についてなど、詳しいこともその時に……。









“弱音ハクのコンピCD”の続きを読む>>
その他 | 【2010-07-03(Sat) 01:34:21】 | Trackback(-) | Comments(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。