プロフィール

FIESTA

Author:FIESTA
札幌のガレージキットディーラー&同人サークルです。日常はTwitterにてどうぞ。

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
09  04  02  12  11  05  08  07  06  05  04  03  10  08  07  06  04  03  02  01  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
メールフォーム
拍手コメントでは文字数が足りないという方はこちらから。
Twitter

Twitter < > Reload

リンク
カウンタ
RSSフィード
テスト
1/8 魅魔
久々のワンオフは、東方旧作より1/8サイズの魅魔様です。
旧作の中でも特にどれということはなく、立体としての見栄えを優先してデザインをミックスしています。ちなみにWFに向けて製作しているピンキー版の魅魔様も、このデザインの延長になっています。

【お知らせ】
12/30に東京ビッグサイトで行われるコミックマーケット79にて、この魅魔を展示して頂きます。
スペースは 東 N - 32a 「苺十字総本舗」様です。
他にも東方靈異伝オールキャラクッションや、幺樂団カァニバル!でも頒布した旧作タペストリーなどを頒布されるご予定だそうです。詳しくはpixivへどうぞ。
コミケ2日目に参加される方はどうぞお立ち寄り下さい。(※キットの頒布等はありません)


魅魔 1/8 魅魔

杖・ベースも含めた全高は290mm、幅が200mmと相当存在感のある大きさになりました。
最初はもっと杖が長かったのですが、ちょっとやりすぎかも……と思い、少し短くしました。

魅魔様・全体

1/8魅魔製作中 その1を見て頂ければお分かりになる通り、上半身とスカート、顔はプライズフィギュアを型を取って使用しています。なのでフルスクラッチではなく、あくまで改造フィギュアだと考えています。
使用したのは月姫のアルク、ガンダムSEEDのラクスで、どちらもプライズのフィギュアです。

魅魔様・正面

他の角度は追記にて。


“1/8 魅魔”の続きを読む>>
その他フィギュア改造 | 【2010-12-25(Sat) 01:19:54】 | Trackback(-) | Comments(-)
1/8魅魔製作中 その2
前回に引き続き、今回も1/8魅魔様です。

だいたいの形状は前回までに出ているので、表面処理を含めた仕上げ作業を進行中です。
今回から登場しているベースは、ウェーブのD・ベース(だ円L)を塗装したものですが、随分昔に買っておいたものなので、現行商品かは不明です。
本体とは、尻尾下部の軸(5mmプラ棒)と杖(2.5mmピアノ線)で接続してあります。2点支持ですが、意外にしっかりしています。



ここでおすすめの品をひとつ。ホルツのプライマー(白)はパテへの食い付き、隠蔽力、塗膜の強さのバランスが非常にいい感じです。
もちろんレジンへの食い付きもいいですし、ホームセンター系のお店で普通に手に入る白色のサーフェイサーとしては一番におすすめだと思います。
ま、私の家から一番近いホームセンターはホルツ商品自体の取り扱いをやめるっぽいのですが(;´Д`)

mima_12.jpg

幽霊足といいますか尻尾のパーツは、サーフェイサーで表面処理後、グロスの黒(実際は濃いグレー)を塗ってからクリアーコートしました。黒く塗ったのは細かいキズを見やすくするためです。
クリアーが乾燥したらコンパウンドで磨いてツルツルにして、これを型取りしてクリアーレジンに置換します。

mima_13.jpg

こちらがクリアーレジンに置換後です。若干の微細気泡はありますが、それほど気になるレベルではないかと。
今回使ったのはウェーブのハイグレードキャスト・クリアです。初めて使いましたが、クリアー樹脂の中ではかなり扱いやすい方だと思います。コストパフォーマンス、気泡の抜け、硬化時間はどれも合格点。少し黄色がかっているのが残念ですが、上から色を塗っちゃう場合にはあまり関係ないですし……。

mima_14.jpg

尻尾パーツはパーティングラインをペーパーがけとコンパウンド磨きで処理したら、プライマー(クレオス)、蛍光ブルー(ガイア)、クリアー(ガイア)と吹き重ねてこんな感じです。
写真は、左から原型、テストショット、本番のパーツになります。

mima_15.jpg

続きは追記にて。


“1/8魅魔製作中 その2”の続きを読む>>
製作過程 | 【2010-12-21(Tue) 00:09:20】 | Trackback(-) | Comments(-)
1/8魅魔製作中 その1
たまには原型じゃないものを……ということで、以前に載せた1/8サイズの魅魔様の続きです。
こちらはセミスクラッチに近い感じになってますが、フィギュア改造の範疇です。

プライズのフィギュアから使えそうなパーツを選んで、石膏やシリコーンゴムで型取りします。
型にポリパテ(以下、「ポリパテ」はすべてモリモリ)を詰めて出来たパーツをザッと組んでみます。これをベースに作業を進めていくのですが、この段階では腕と尻尾は保留。



前髪と帽子がないとどうもイメージが掴みづらいので、まずはサイドの髪から作ってみます。
顔パーツと接する土台は(離型の都合で)ポリパテで、サイドの髪自体は(強度の都合で)マジックスカルプで作っています。

mima_02.jpg

今ひとつ形状の分かりづらい帽子を作ります。とりあえずメインエレメントをポリパテで。形状的に一発でポリパテを盛るのは難しいので、3回くらいに分けて盛ります。
帽子の先端は、魔理沙の帽子のようにくたっとしてた方が布っぽいですが、尖った状態で描かれてる絵が多いのでそれに倣いました。パーティとかで被るピエロの帽子みたいな感じなのでしょうか。

mima_03.jpg

帽子のツバ(?)とひらひらしてる部分をマジックスカルプで作ります。
ここは離型処理して別パーツにしておいた方が塗装が楽です。これに限らず、後の工程も多少考えて作るのが改造・スクラッチのポイントじゃないかなぁと考えています。

mima_04.jpg

帽子のひらひらの形状に若干の疑問はありますが、あまり気にしないで前髪をマジックスカルプで作成開始。
サイドの髪と別体にしようと思いましたが、生え際の処理の関係で一体にしました。
大雑把ですが、そこそこの形状出しが終わったので頭部はこれで一旦ストップ。

mima_05.jpg

続きは追記にて。


“1/8魅魔製作中 その1”の続きを読む>>
製作過程 | 【2010-12-01(Wed) 00:17:35】 | Trackback(-) | Comments(-)