プロフィール

FIESTA

Author:FIESTA
札幌のガレージキットディーラー&同人サークルです。日常はTwitterにてどうぞ。

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
09  04  02  12  11  05  08  07  06  05  04  03  10  08  07  06  04  03  02  01  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
メールフォーム
拍手コメントでは文字数が足りないという方はこちらから。
Twitter

Twitter < > Reload

リンク
カウンタ
RSSフィード
テスト
WF2013夏・参加申込しました
先日、夏のワンフェスの参加申込をしました。
版権物の仮申請も行いまして、今回もいつも通り1/12可動フィギュアが中心です。

WF2013sディーラーカット

再販は初音ミク∞と草薙素子ですが、素子は基本セットと拡張パーツセットをまとめ、パーツ数を減らして1つのキットとして出しますので新規での申請をしております。そのため、完成後に気になった部分などは原型のリファインをする予定です。

新作は弱音ハクのスイムウェア(DIVA)とMEIKO、ゲッター翔です。
可動MEIKOは以前からやりたいと周囲にも言ってましたが、figmaのKAITOが発表になってるのでMEIKOをやるなら今しかない!ということで決断しました。
ゲッター翔はノンスケールではありますが、大体リボルテックのゲッター號と同じくらいのサイズになる予定です。完全に原型の稲妻の趣味なんですが、本人以外にも欲しい方がいたらぜひリアクションを頂きたいです。

追記は……まだまだお見せできないもの。


“WF2013夏・参加申込しました”の続きを読む>>
その他 | 【2013-03-25(Mon) 21:00:48】 | Trackback(-) | Comments(-)
WF2013冬・終了しました
すっかり後回しになってしまいましたが、今回のワンフェスも無事に終了しました。
今回もお立ち寄り頂いた方、はじめてお越し頂いた方、本当に有り難うございました。
大雪で飛行機が欠航することもなく、穏やかなお天気に恵まれまして、久々に踏む雪のない地面を満喫しました。
また、雪まつりのミク関連のイベントにはほぼ無縁でいるしかない時期なのですが、行きの新千歳で時間に余裕があったので、ステッカーをもらえたり、デカいねんどろKAITOを撮影したりなど、ちょっとだけ楽しむことも出来ました。

イベント自体は、事前のスケジュールが厳しくてミクは申請数に満たない数しか持っていけなかったり、再販品が頑張ってくれたりと全然読めない状態でしたが、とにかく色々と反省点が多いので次回以降に活かしたいと思います。
意外なところからお声をかけて頂くなど、今回もまた貴重な体験をさせて頂きました。ディーラーやっててよかったなぁ……。

さて、当日の展示はこのような感じでした。

wf2013w_02.jpg

こちらは、午後にお隣のシェリフ堂さんと合同で、ハク・ネル・テトを並べての撮影タイムを設けた時の写真です。



この超かわいいネルは、うちの可動ネルをゴリゴリと改造して製作して下さった、れいさんによる完成品です。ソファごとお借りしてずっと展示させて頂いておりました。多分、普通の可動ネルより写真撮られてたと思います(笑)。
このネルについてはTINAMIに投稿されていますので、ぜひご覧下さい。

wf2013w_06.jpg

続きは合同撮影タイムの時の写真など。


“WF2013冬・終了しました”の続きを読む>>
その他 | 【2013-03-22(Fri) 01:51:21】 | Trackback(-) | Comments(-)
1/12可動草薙素子の製作
当ディーラーの可動フィギュアは、関節ジョイント以外はキットに入っているパーツのみで完成するように配慮しておりますが、ほんの少し手間をかけて頂くと、よりプレイバリューが広がったり破損しづらくなったりします。
下記を参考に、可能な範囲でお試しください。

まずはFIESTA製可動フィギュアの定番ですが、胴体のジョイントは球形ジョイントではなくボールジョイントを使用するとポージングしやすくなります。
イエローサブマリンのボールジョイント(中サイズ)やWAVEのBJ-05等がサイズが合います。



これもFIESTA製可動フィギュアの定番工作です。首の接続部のボールはレジンの収縮で歪みがあるので、イエローサブマリンのフレキシブルパイプ(大)に変えると強度も精度も向上します。
写真のクリアの他に、成形色が肌色のものもあります。

130311b.jpg
130311c.jpg

髪パーツの前後にはネオジム磁石を埋め込んで、磁力で保持するようにすると顔パーツの交換時に便利です。
ハイキューパーツさんの製品は、一部模型店や家電量販店でも入手出来ますし、サイズも豊富で重宝します。写真で使用しているのは直径2mm・厚さ1mmのタイプです。

130311d.jpg

追記は手首パーツについてです。


“1/12可動草薙素子の製作”の続きを読む>>
ガレージキット製作過程 | 【2013-03-11(Mon) 23:59:30】 | Trackback(-) | Comments(-)
1/12可動キット製作まとめ
1/12可動キット製作まとめ

FIESTAの1/12稲妻式可動ガレージキットフィギュアも数が増え、blogの中で製作のTips等の記事をお探しいただくのが大変な状態になってきましたので、こちらの記事にて随時リンクをまとめて行きたいと思います。
これ以外については左カラムの検索フォームより検索して頂くようお願い致します。

【1/12可動弱音ハク〈スイムウェア〉】
  弱音ハクの股関節について

【ノンスケール可動ゲッター翔】
  ゲッター翔の関節について(股関節部分の組み立て方)

【1/12可動男性素体】
  稲妻式・1/12可動男性素体
  1/12男性可動素体の製作(ジョイント軸の穴あけについての基本)

【1/12可動初音ミク∞】
  新作のジョイントについて

【1/12可動草薙素子】【1/12可動草薙素子・拡張パーツセット】
  新作のジョイントについて
  1/12可動草薙素子の製作

【1/12可動弱音ハクVer.2】
  可動弱音ハクVer.2 製作のTips
  1/12可動キットの補足・その2

【1/12可動弱音ハク】
  1/12可動キットの補足

【1/12可動弱音ハク Cyber_diver3】
  1/12可動弱音ハクを作る(キットのボールジョイントを市販パーツに換装する方法、塗装等)

【1/12可動亞北ネル】
  1/12可動キットの補足・その2

【1/12可動重音テト】
  1/12可動キットの補足
  1/12可動キットの補足・その2
  1/12可動 雪テト(基本のガレージキットの作り方および、胴部ジョイントをボールジョイントに換装)

【1/12可動セルティ・ストゥルルソン】
  1/12可動キットの補足
  1/12可動セルティを作る(MMSの手首を使うための加工方法等)



その他 | 【2013-03-04(Mon) 00:46:43】 | Trackback(-) | Comments(-)
1/12男性可動素体の製作
先日通販受付を終了した可動男性素体ですが、普段あまりガレージキットに触れたことのない方からのお申込もあるようですので、簡単に製作のコツをご紹介します。

【最初に】
・パーツには離型剤が付着していますので、組み立て前に中性洗剤などで洗ってください。
・バリやパーティングラインは、デザインナイフや紙ヤスリなどで整形してください。
・気泡がある場合は、パテや瞬間接着剤で埋めた後、紙ヤスリで整形してください。
・ジョイントを差し込む穴はまず2.9mmのピンバイスで開口して、キツいようなら3mmに拡張、それでもきつければジョイントの軸を削るようにすると緩みが防げます。同一製品でも軸径に個体差があるようですので、ご注意下さい。
・ジョイントの軸が干渉する場合は適宜ニッパーなどで切断してください。あまり短くしてしまうとジョイントが脱落しやすくなりますのでご注意ください。

【ジョイント部分について】
胸パーツの腕を差し込む穴は若干下向きに開口してください。可動範囲が拡がります。

130304_001.jpg

首の接続は「イエローサブマリン・関節技ボールジョイント」の小サイズ、胴体の接続は同製品の中サイズを使用すると可動がフレキシブルになってポージングしやすくなります。(小サイズの軸径は2ミリです)
写真のクリアの他に成形色がグレーの製品があります。

130304_002a.jpg
130304_002b.jpg

脚の差し込み穴は軽く内側に向かうように開口してください。身体の側面のラインと平行になるように開けるのが目安です。

130304_003.jpg

他の箇所は追記にて。


“1/12男性可動素体の製作”の続きを読む>>
ガレージキット製作過程 | 【2013-03-03(Sun) 23:25:40】 | Trackback(-) | Comments(-)