プロフィール

FIESTA

Author:FIESTA
札幌のガレージキットディーラー&同人サークルです。日常はTwitterにてどうぞ。

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
04  02  12  11  05  08  07  06  05  04  03  10  08  07  06  04  03  02  01  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
メールフォーム
拍手コメントでは文字数が足りないという方はこちらから。
Twitter

Twitter < > Reload

リンク
カウンタ
RSSフィード
テスト
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
バキュームフォーマーを作ろう 工作&実践編
いよいよ実際にバキュームフォーマーを製作してみます。
使用する材料等はこちらをご覧下さい。 →バキュームフォーマーを作ろう 材料編
なお、自作バキュームフォーマーについては大日本絵画刊「モデルテクニクス2」に詳しいので、そちらも参考にして下さい。

1. ロアーハウジングとなる方のアートフレームの底板に、エアダクトの穴(掃除機のホースが入る大きさ)を開けます。
アートフレームは、フォトフレームと違って底板と枠が接着されているので、強い力がかかるバキュームフォーマーを作るのには都合いいです。



2. 今回は電動ドリルを使って穴を開けました。こんなのがあると穴開け作業に便利ですが、女性だと持ってない確率が高いと思いますので(そりゃそうだ……)、お父さんとか旦那さんとか、近所のDIY大好きなおじさんとかに頼んで開けてもらう方が手っ取り早いかもしれません。私も家族の物を借りて使ってます。

VF02.jpg

3. 底板と反対の面にパンチングプレートを接着。アルミなので、カッターでも切れます。
余計な所から空気が漏れないように、枠とパンチングプレートはしっかり接着して下さい。私は横着して瞬着でやってしまいましたが、エポキシボンドがベストじゃないかと思います。

VF03.jpg

4. 四辺にすき間テープを貼ります。ここも空気が漏れないようにピッタリと貼りましょう。何回も使用して、スポンジ部分が劣化したら貼りかえてしまえばOKです。なんせ78円で4mもあるので……。
これでロアーハウジングは完成です。

VF04.jpg

5. アッパーフレームは、底板を力技で剥がしただけです。これでバキュームフォーマー自体は完成。30分でお釣がくるくらいあっさりと出来ちゃいます。

VF05.jpg

追記からはバキュームフォームの実践編です。



6. アッパーフレームにプラ板をガムテ(布)で固定します。
今回はあくまで実験なので、プラ板ではなく、ダイソーで買った塩ビの下敷きを使用しました。暗記用の赤と緑の2枚が入って105円です。(このフォーマーで4回分)

VF06.jpg

7. 今回の原形にはねんどろ桂木弥子の顔を使います。
アルミブロックでゲタを履かせ、パンチングプレートに強力めな両面テープで固定。

VF07.jpg

8. 作業中の写真がなくて申し訳ないのですが、写真を撮ってるスキが全くありません(;´Д`)
アッパーフレームに貼った塩ビ板をガスコンロで熱して柔らかくし、原形の載ったロアーハウジングにかぶせます。同時にエアダクトに繋いだ掃除機を作動させます。一人でやる場合は先にスイッチを入れておいた方がいいかもしれません。
掃除機の吸引力で内部の空気が抜けて、柔らかくなった塩ビ板が原形に密着します。原形に密着してる様子が写真でもお分かりになるかと思います。言葉にすると面倒に思えますが、原理は非常に単純です。
なお、作業の時は軍手などをはめて、ヤケドにはくれぐれも注意して下さいね。あと、すごく臭いので換気扇推奨です。

VF08a.jpg

つーか、この状態が何かに似てるよなぁと思ったら、ハン・ソロっぽいですよね、これ……。

VF08b.jpg

9. 塩ビ板が十分に冷えたら原形を取り出します。原形に空気抜きを設けてないので凹部はきれいに成形されていませんが、モノとしては充分な出来かと。
この状態にするのに2回失敗してまして、塩ビ板の熱し方に研究は必要なのですが、一応使えるレベルになっていると思います。

VF09.jpg

7/19追記:その後分かったこと、小ネタなど

・ガスコンロより電気コンロ(家電店で600Wのものが3,000円程度)の方が熱をまわしやすく、臭いの発生も少ない。
・下敷きは厚すぎたので、0.5mm厚くらいの塩ビ板でテスト続行中。
・PET材の板も売っているが、加熱すると白くなる&加熱しても中途半端に固いので使えない。
・塩ビ板はホームセンターなどで扱っているアクリルサンデーのものより、ハンズのPBの方が安い。
・ゲタはケチらずきちんとした大きさをとってやらないと、シワが寄ったり穴が開いたり……。
・樹脂板をフレームに留める時はがっちりやる。樹脂板にきちんと熱がまわっていなくて固さが残っていたりした場合、端っこに負担がかかるのと熱の影響でガムテが剥がれてくる。

※実際にバキュームフォームを使用して製作しているものの記事はこちらです。


最後になりましたが、実はフォトフレームで作ることも考えて、もう一組違う形状のフレームを買ってあります。なおかつパンチングプレートなども余ってますので、どなたか欲しい方がいたらバキュームフォーマーにしてプレゼントしたいと思います。
反応の有無で方法を決めたいと思いますので、まずは拍手コメントから「ほしいよ!」と意志表明をして頂ければと思います。お名前(ハンドルネームでOK)だけは忘れずにお願いします。

7/9:プレゼントのご応募は締め切りました。

  

関連記事
道具とか | 【2009-07-05(Sun) 19:06:27】 | Trackback(-) | Comments(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。