プロフィール

FIESTA

Author:FIESTA
札幌のガレージキットディーラー&同人サークルです。日常はTwitterにてどうぞ。

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
09  04  02  12  11  05  08  07  06  05  04  03  10  08  07  06  04  03  02  01  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
メールフォーム
拍手コメントでは文字数が足りないという方はこちらから。
Twitter

Twitter < > Reload

リンク
カウンタ
RSSフィード
テスト
figma用スタンドを変える
フィギュアそのものをカスタムしていると、ベースなどにも凝りたくなるのが人情だと(勝手に)思うのですが、今回はfigmaのスタンドをいじってみたいと思います。
figmaのスタンドはすごく使いやすくて好きなのですが、色気という意味ではちょっとというか、かなり足りません。
というワケで、今回はお手軽になんとかしてみます。



適当なトレーディングフィギュアのベースを塗装して、痛バイクを作った時に余ったグッスマデカールを貼ります。今回は鏡音リンなので黄色が基本色です。
ベースに穴が開いてたりする場合は、先にパテで埋めて平らにしておきます。
ちなみに、塗装が出来て、後で穴を開けられるような素材であれば、フィギュアのベースではなくコースターでも皿でも木でもなんでもOK。但し、figmaの重量を支えられるバランスの大きさ&重さであることが重要です。
デカールが乾いたら、ウレタンクリアでコートします。ウレタンクリアは扱いが面倒で……という方には、ガイアノーツのクリアが固めでオススメです。

figma_base02.jpg



ウレタンクリアが硬化したら、研ぎ出して表面をピカピカにします。ウレタンクリアの使い方や研ぎ出しについては説明している模型サイトさんが沢山あるので、ここでは説明しません。
納得いくツヤになったら、適当な位置に直径4ミリの穴を開けます。
作業中にドリルがズレて汚くなってしまいましたが、お手軽がテーマだし、あんまり目立たないからいいことにします……大雑把な性格が丸出し(;´Д`)

figma_base03.jpg

あとは純正のスタンドから、アームを抜いて差し換えれば完成。
元のベースはまったく加工してないので、飽きたらいつでも戻せるのがこのカスタムのいいところです。

figma_base04.jpg

さて、figmaのスタンドと言えばdi:stageが発売になりますね。
限られたディスプレイスペース(棚とか)の中でいかに楽しく遊ぶかというのは、いつも頭を悩ませるところですが、こういう物があると、色々夢が広がります。
浅井さん個人の範疇なのかもしれませんが、神姫軸に対応するジョイントも考えているという話しをネットで見かけたので、そちらも合わせて楽しみです。

そんな私の限られたスペースはトイザらスの棚です。あまり遊びのあるディスプレイをしてはいないですね……。見るべきところはプリンセス・チュチュのガシャがあるくらい。
ちなみに写っていない下の棚は9割がMMSっつーか神姫です(笑)。

figma_base05.jpg


関連記事
改造・塗装方法 | 【2009-07-11(Sat) 01:45:05】 | Trackback(-) | Comments(-)