プロフィール

FIESTA

Author:FIESTA
札幌のガレージキットディーラー&同人サークルです。日常はTwitterにてどうぞ。

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
04  02  12  11  05  08  07  06  05  04  03  10  08  07  06  04  03  02  01  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
メールフォーム
拍手コメントでは文字数が足りないという方はこちらから。
Twitter

Twitter < > Reload

リンク
カウンタ
RSSフィード
テスト
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
心に刻め、その魂。
出版社やご本人のサイトなどを通しての公式な発表はないのですが、ほぼ間違いなさそうな状況になっていますので、追悼の文章をあげさせて頂きます。出来れば間違いであって欲しいのですが。

模型雑誌への作例提供や「フィギュアマニアックス」での連載、それをまとめた「魔改造への招待」の著者、裸族(ふる☆ちん)さんが亡くなられたそうです。

フィギュアの魔改造だけではなく、メカ物の模型などでも活躍されていました。また、愛すべきキャラクターは多くの方がご存じのことでしょう。
私は一切面識はなく、著書の一読者として、同じフィギュアを改造する者として、またふたばなど同じ掲示板を見ていただけのROMです。特に「魔改造への招待」を読んだ時には、何かこう、肩の力が抜けたような気持ちにさせて頂きました。


昨今の日記やfgへの投稿では病床と分かる場所で製作をされていました。
抗がん剤投与を受けて、激痛など、とても辛い状態だったのではないかと思います。
その中でもユーモアを忘れない書き込み、模型を愛する気持ち……簡単に真似出来るものではありません。

ご本人のサイトのTOPには「目標:死なない(`ー´)」と書かれているのですが、それが切なくて……。

私も、その時は造形ではないかもしれないけれど、最後まで何かに打ち込んでいたい。そう思います。


もし「魔改造への招待」を読んだことがない方は、ぜひ一読されることをおすすめします。フィギュア改造よりは、ガレージキット製作寄りの内容となっています。
それから「魔改造」の意味を間違って使っている(主に女性の)皆さんにも、読んで頂きたいと思います。

心より、ご冥福をお祈り申し上げます。



関連記事


その他 | 【2009-09-17(Thu) 01:16:19】 | Trackback(-) | Comments(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。