プロフィール

FIESTA

Author:FIESTA
札幌のガレージキットディーラー&同人サークルです。日常はTwitterにてどうぞ。

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
09  04  02  12  11  05  08  07  06  05  04  03  10  08  07  06  04  03  02  01  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
メールフォーム
拍手コメントでは文字数が足りないという方はこちらから。
Twitter

Twitter < > Reload

リンク
カウンタ
RSSフィード
テスト
ピンキー・アリスの製作
KAITOに引き続き、アリスの塗装見本製作の様子です。
今回も市販のピンキーパーツを流用する作り方を盛り込んでみました。

1.セオリー通り離型剤を洗い、バリを取り、気泡を埋め、サーフェイサーを吹いて表面処理をします。
サーフェイサーはKAITOの時にも書きましたが、レジン用の物を使うのが無難です。入手の容易さも含めると、GSIクレオス製がベストなんじゃないかなぁと思います。
そして、各パーツの合いを確認するために一通り仮組みしてみます。

アリス仮組み

肌の露出している箇所はキットパーツを塗装しても、もちろん問題はありませんが、色合わせが面倒なのでピンキーの純正パーツを加工して使用してみます。
脚はPK005を使用。長さを合わせて切断し、軸(2mmのアルミ線)を差し込むだけです。

脚部分の流用

腕の方はちょっとした加工が必要となります。
キットを袖の部分で切り離し、モーターツールで袖の内側をえぐってから右腕をPK005、左腕をPK014から切り取り、1mmの真鍮線で接続。
腕、脚とも使用した純正パーツはあくまで一例なので、他のものを使っても大丈夫です。モノによって不自然なポーズになることはありますが……。

腕パーツの流用

続いて塗装に入ります。今回はノーマルな青に対して、赤黒に塗ってみます。また、マスキング無しで全部塗装していきます。
ブーツは全体をエアブラシでこげ茶に塗った後、エナメルのフラットブラックでソールを筆塗り。

ブーツの塗装

続きは追記にて。



服&スカートは白(下地) → 赤(本体色)とエアブラシで吹いてから、ベルトとボタンをエナメルの筆塗りで。
ペチコートは別パーツになっているので普通にエアブラシで塗装しています。

ボディ周り

袖部分は全体に白を吹いてから、ラインの部分を残して黒を筆塗り。

袖を塗装

髪はオレンジと黄色でグラデ塗装した後、オレンジパールを全体に吹きます。それだけだとのっぺりした感じになってしまったので、クリアーオレンジとクリアーイエローで調子を整えてみました。
カチューシャはエナメルを筆塗り。前髪が2つのパーツに分かれているので、筆でも塗り分けがしやすいと思います。

生首……

一応、全パーツに艶消しクリアーを吹いていますが、そのあたりはお好みで。
ケープやリボンの白いラインは、デカールを細切りしたものです。
全パーツが塗り上がったら、Gクリアなどの塗装面を侵さない接着剤で組み立てて完成です。

アリス完成
関連記事
ガレージキット製作過程 | 【2010-07-21(Wed) 08:16:07】 | Trackback(-) | Comments(-)