プロフィール

FIESTA

Author:FIESTA
札幌のガレージキットディーラー&同人サークルです。日常はTwitterにてどうぞ。

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
04  02  12  11  05  08  07  06  05  04  03  10  08  07  06  04  03  02  01  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
メールフォーム
拍手コメントでは文字数が足りないという方はこちらから。
Twitter

Twitter < > Reload

リンク
カウンタ
RSSフィード
テスト
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
月城ミーナ制作中 その1
ピンキーで手を動かすことには大別して2種類あると思います。
一つはオリジナルのパーツを元に、塗装したりパテを盛ったりするカスタム。もう一つはガレージキット等のピンキー互換のオリジナルフィギュアを作るというものです。
もちろんフルスクラッチで作る方もいらっしゃいますが、こちらのカテゴリではディーラー製のガレージキットを作っていきます。

ミーナのキット

今回製作するのは、にくきゅ~大王さんの月面兎兵器ミーナ(月城ミーナ)です。


まず最初にすることはパーツチェックです。
大抵は説明書が入っているので、足りないパーツがないかチェックをします。足りない場合はディーラーに請求出来ることがほとんどですが、保管期限を儲けているディーラーも多いので説明書やサイトをチェックしてみましょう。
私が人生で初めて買ったガレージキット(1/6のファティマ・ウリクル)は、前髪パーツが入っていませんでした(笑)。

パーツチェック

揃っていることを確認したら、離型剤を洗い落します。
パーツを複製する時に、流し込んだレジンと型がくっつかないように油膜のようなものを作るのですが、それを離型剤といいます。これが残ったままだと塗装などがちゃんとのりません。
私は離型剤落とし(IMCの「はげます2」)を使った後に、クレンザー&歯ブラシで細かいところまで落としますが、台所用洗剤とクレンザーでも問題有りません。
台所用洗剤を溶かしたぬるま湯にしばらくつけた後、歯ブラシにクリームクレンザーをつけて洗います。この時あまり力を入れるとパーツを破損することがありますので、ゴシゴシというよりは、コシコシという感じで丁寧に細かいところまで洗っていきます。
なお、カラーレジンのキットの場合、色の違う物を長時間一緒につけておくと色移りしてしまうことがあるようです。

パーツ洗浄

洗面台に置いてあるのは100円ショップで購入したザルです。
細かいパーツだと流れていってさようなら~ということもあり得るので、それを防ぐのと、洗い終った後このまま乾燥機に放り込んでおくために使っています。
乾燥機は様々な場面で活躍してくれますが、余程時間がない人でもなければ自然乾燥で十分です。
最後に洗剤やクレンザーが残らないように、しっかり流水で流して終わりです。

ちなみにフィギュアやプラモデルを作る時には何回も水で洗うことが多くなりますが、台所の流しでやると背後で母親や奥さんが鬼のような形相で立っていることがありますので気をつけましょう。
ご飯作るところでやるのは、ちょっとね……。
関連記事
ガレージキット製作過程 | 【2008-05-11(Sun) 15:09:13】 | Trackback(-) | Comments(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。