プロフィール

FIESTA

Author:FIESTA
札幌のガレージキットディーラー&同人サークルです。日常はTwitterにてどうぞ。

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
04  02  12  11  05  08  07  06  05  04  03  10  08  07  06  04  03  02  01  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
メールフォーム
拍手コメントでは文字数が足りないという方はこちらから。
Twitter

Twitter < > Reload

リンク
カウンタ
RSSフィード
テスト
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
月城ミーナ制作中 その3
今回はガレージキットに付き物の、気泡埋めについてです。
型にレジンの液体を流し込んで硬化させるので、泡が出来るとそのまま固まってしまいます。これを気泡と言いますが、中の方に出来ている物はともかく、表面&表面近くにある気泡は埋めてやらなければいけません。

脚の気泡

この、脚にぽつんとある穴2つが気泡です。ディーラーさんの規模にもよりますが、家庭で一つずつ手作業で抜いている場合などは、修正するだけで一苦労な気泡が入ってしまうこともあります。
ミーナはどうやら型抜き業者さんに出しているようですし、極端な気泡は少なそうです。業者で抜く場合は真空脱泡機という機械にかけて強制的に気泡を抜くので、めまいがするような気泡にお目にかかることは少ないです。


まずは発見した気泡を広げます。デザインナイフの刃先を立てるようにして回してやると広げられます。
↓ これが広げた状態です。

気泡を広げる

基本的には全ての気泡を広げてからパテ埋めしますが、大きくて浅い気泡の場合は広げなくていいこともあります。ただし、表面から見て大きさが分からない場合が多いのと、穴が小さいとパテが奥まで入り込まないので、固まったと思ってヤスリをかけた途端、また穴が開くという事態が起こります。

気泡の状態

上の図は簡単な例ですので、慣れるまでは全部を広げるようにした方が確実です。

次にパテで埋めていきます。今回はシアノンにアルテコのHGパウダーを混ぜた物を使用しますが、普通のラッカーパテなどでも埋められます。
どちらにせよ、埋める時はパテが穴の奥まできちんと入り込むように気をつけましょう。

気泡にシアノン

硬化したら大きくはみ出た部分をデザインナイフなどで削り取り、紙やすりで表面を仕上げます。
気泡があったのは赤丸の部分なのですが、写真だともう分からないくらいに目立たなくなりました。
これを気泡の数だけ繰り返して行きます。また、パーティングラインを消したりパーツの合いを直している時に新たな物が顔を出すことがありますので、これも随時埋めていきましょう。

気泡埋め完了!

さて、今回のちょっと特殊なツールはシアノンをご紹介します。
シアノンは高圧ガス工業株式会社という会社から発売になっている業務用瞬間接着剤で、アルテコ(SSP-HG)のHG液に似ていますが、粉を混ぜた時のキメの細かさが段違いです。
アルテコの液と粉を混ぜるとボソボソとした感じになってしまいますが、シアノンを使うととてもキメが細かくなり、また色が白なのでサフレス塗装などをする場合に威力を発揮します。

一般のお店で見かけることはないのですが、、札幌ではボークスSRで普通に売っています。
また、通販を利用される方は【楽天市場】ボークスネットショップで入手することが出来ます。
ちなみにボークスの店員さんによると、アルテコの粉の代わりにレジンのヤスリかすとかでも代用出来るとのことでしたが、私は試していません……というか、やすった後の粉なんて取っとかないですよ……(;´Д`)

3/28追記:結構前からですが、シアノンは手稲のおもしろ万博堂でも取り扱うようになっています。
このお店は用材や工具、コンテストにも力を入れていて、小さいながらも面白い模型屋さんです。
武装神姫も取り扱ってるしね!
関連記事
ガレージキット製作過程 | 【2008-05-11(Sun) 23:42:01】 | Trackback(-) | Comments(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。