プロフィール

FIESTA

Author:FIESTA
札幌のガレージキットディーラー&同人サークルです。日常はTwitterにてどうぞ。

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
04  02  12  11  05  08  07  06  05  04  03  10  08  07  06  04  03  02  01  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
メールフォーム
拍手コメントでは文字数が足りないという方はこちらから。
Twitter

Twitter < > Reload

リンク
カウンタ
RSSフィード
テスト
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
可動弱音ハクVer.2 製作のTips
WF2012sで販売した可動弱音ハクVer.2ですが、大変有難いことに完売いたしました。
当日は色々と製作についての質問を受けましたので、これまでの記事と合わせてご覧頂くとちょっと出来上がりが良い感じになるTipsをご紹介します。ネルやテトについても使って頂けるネタが多いのでご利用下さい。
その他の参考にしていただきたい記事はこちらです。
  1/12可動弱音ハクを作る こちらはCyber_diver3となります。関節の角度などをご参考下さい。
  1/12可動セルティを作る
  1/12可動キットの補足 こちらの弱音ハクはVer.1となります。関節のサイズなどが違いますのでご注意下さい。



足首接続のボール部分は成形の都合上歪んでいることが多いので、コトブキヤ・ポリユニット「スタートセット1」のB3に置き換えると動きがスムーズになります。

12haku_21.jpg 12haku_22.jpg

他の箇所は追記にて。



首、手首。ポニテのボール部分も市販パーツに置き換えると動かしやすくなります。
手首はfigmaやMMSの物に換えるとプレイバリューが広がります。こちらについては「1/12可動セルティを作る」に具体的な工作方法を載せていますのでご覧ください。

12haku_23.jpg

なお、イエローサブマリンの球体ジョイントは軸の根元が太くなっているので、ピンバイスで開口した後に、入口付近を写真に写ってるような円錐型のモーターツール用ビットをあて、指でグリグリ回して拡げてやるとジョイントの収まりが良くなります。

12haku_24.jpg

なお、肌が露出する部分のあるパーツは肌色のレジンで複製しておりますが、この肌色は出来るだけイエサブの関節技球体ジョイントのフレッシュに近くなるように調色しております。
関連記事
ガレージキット製作過程 | 【2012-08-04(Sat) 01:00:25】 | Trackback(-) | Comments(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。