プロフィール

FIESTA

Author:FIESTA
札幌のガレージキットディーラー&同人サークルです。日常はTwitterにてどうぞ。

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
04  02  12  11  05  08  07  06  05  04  03  10  08  07  06  04  03  02  01  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
メールフォーム
拍手コメントでは文字数が足りないという方はこちらから。
Twitter

Twitter < > Reload

リンク
カウンタ
RSSフィード
テスト
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
紋アクリルチャーム・スタンドの作成
刀剣乱舞・紋アクリルチャームの付属ペーパークラフト(スタンド)の作成方法をご紹介いたします。
ご指摘いただくまで記事を上げるのをすっかり忘れておりました。大変申し訳ありません。

まず最初に、失敗した時や、もっと厚手の紙に印刷したい方のために、スタンドのPDFデータをGoogleドライブにアップしましたので、困ったときはこちらからダウンロードして、印刷してお使い下さい。zipファイルです。

それでは作成の手順をご紹介していきます。画像が多いですが、正味5分もあれば完成する簡単なものです。

1. 作りはすべての種類に共通です。写真だけでは伝わりづらい部分を図に致しましたので、2以降の手順と合わせてご確認下さい。
stand00.jpg

2. 周囲の余白を切り取ります。
stand01.jpg

3. 1の図の赤線の部分(キャラによりますが、大体帯やベルトの上の部分に相当します)にカッターで切れ目を入れます。
ここだけは間違って切りすぎると面倒なことになりますのでご注意下さい。
stand02.jpg

以降の手順は追記にて。



4. 1の図で谷折り線となっている箇所以外を山折りにしていきます。切れ目を入れる前に折っても大丈夫です。
stand03.jpg

5. 折ったあとの状態です。
stand04.jpg

6. 1の図の谷折り線の箇所を折ります。山折り線2本の中間に谷折り線が入っていますので、折りたたむように、山折り線どうしを合わせるイメージです。
stand05.jpg

7. 谷折りした状態です。
stand06.jpg

8. 谷折り線をはさんだ2面にノリを塗って貼り合わせます。
stand07.jpg

9. ノリはこのように、塗る側が端にくるように畳んでから塗るときれいに塗れます。
stand08.jpg

10. 貼り合わせた状態です。ここはしっかり押さえてくっつけて下さい。
stand09.jpg

11. 最後に、端にある台形のグレーの糊しろ部分にノリを塗って、反対側と貼り合わせて完成です。
stand10.jpg

12. チャームを置くとこのような感じです。ストラップパーツ部分を、後ろの筒になっているところに入れると収まりがいいかと思います。
stand11.jpg

折った部分はトナーが剥がれてきてしまうのですが、どうしても気になる時は同系色の水性ペンで何回かなぞるように色をのせると目立たなくなりますのでお試しください。(油性ですとトナーの上に乗って、光って見えたりしてしまいます)
関連記事
その他 | 【2016-12-15(Thu) 22:04:02】 | Trackback(-) | Comments(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。