プロフィール

FIESTA

Author:FIESTA
札幌のガレージキットディーラー&同人サークルです。日常はTwitterにてどうぞ。

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
04  02  12  11  05  08  07  06  05  04  03  10  08  07  06  04  03  02  01  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
メールフォーム
拍手コメントでは文字数が足りないという方はこちらから。
Twitter

Twitter < > Reload

リンク
カウンタ
RSSフィード
テスト
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
前髪の製作
KAITOの後髪製作に続いては、ソウルイーターのマカの前髪製作をご紹介します。後髪はオリジナルパーツを改造して作りましたが、前髪は新造になります。
使用する道具など、基本的なところは後髪の製作の時と変わりませんので、一度そちらをお読み頂いてからの方が分かりやすいと思います。

今回使用する道具:
  エポパテ(タミヤの速硬化タイプ)、デザインナイフ、スパチュラ(調色スティック)、
  紙やすり(180、240、400番)、サーフェイサー(Mr.レジンプライマー・サーフェイサー)、
  溶きパテ(Mr.サーフェイサー500)、シアノン、セロテープ、プラ棒(2.5mm径)、
  洋白線(0.5mm径)、ピンバイス


1. まずは顔パーツをセロテープでマスキングします。目の位置を常に把握するため、普通のマスキングテープではなく透明なセロテープを使用しています。
前髪の制作時は、実際に完成時に組み合わせる顔パーツを使用して下さい。同じ型番のものでも個体差があって微妙に目や眉の位置が違いますので、完成していざ組んでみたら「なんか違うな~」ということになりかねません。

マスキング


2. 2.5mm径のプラ棒を8ミリの長さで2本切り出します。2.5mmのプラ棒が手に入らなければ、プラモデルのランナーや金属線でもOKです。
後ろ髪の穴に差し込む方の先端は、紙ヤスリで気持ち丸く(角を落とす程度)しておくと差し込みやすくなります。

プラ棒



3. 後ろ髪と顔を合わせ、前髪用の穴にプラ棒を奥までしっかり差し込みます。

maka_fhair03.jpg


4. エポパテで髪の毛の土台を作ります。この上に髪を生やしていくので、完成時のボリュームより小さく作ります。
盛りつけたらこの状態で一旦硬化させてしまった方が、後の作業がやりやすいです。土台がぷよぷよしてたら盛りづらくてしょうがありません

maka_fhair04.jpg


5. 念のため各パーツがちゃんと分離し、なおかつストレスなく組み合うかを確認しておきましょう。

maka_fhair05.jpg


6. いよいよ髪の毛のパテ盛りです。作るキャラの髪型によりますが、今回は外側から作っていく方がバランスを取りやすいと判断しました。
後ろ髪の時と同じようにエポパテを手元で細長い円錐形にして、それを髪の房として貼り付けていく感じです。

maka_fhair06.jpg


7. 盛ったパテが硬化したらデザインナイフと紙ヤスリで整形します。
こういう時はついつい外側の形ばかりを気にしがちです。外形ももちろん大事ですが、実は顔とのクリアランス(すき間)が自然にあいているかが出来上がりを大きく左右します。

maka_fhair07.jpg


8. 一房分内側を盛ってから、全体のバランスを見つつセンターを盛ります。この時、目や眉との位置関係に注意しないと、顔の印象が変わってしまいます。

maka_fhair08.jpg

下は印象がどう変わるかを比べるために合成した物です。前髪の長さというよりも、額や眉がどれだけ隠れるかということを意識した方がいいかもしれません。

前髪の長さ比較


9. 盛った分が硬化したら、また整形します。
今回はエッジを丸める方向で作っています。VOCALOID系のピンキーはエッジをしっかり作る方向で作っていますが、マカは割りと普通の見た目をした優等生で原作でもシンプルな描かれ方をしているので、丸めた方が合うと考えました。服もすっきりしているので、髪だけ自己主張が激しいと違和感が出るように思います。

maka_fhair09.jpg


10. センターの両隣に盛り付けます。全体をよく見て、ボリュームの足りない箇所にも盛っておきましょう。
但し、いきなりやりすぎると整形も大変になるので、様子をみながら足した方がいいと思います。

maka_fhair10.jpg


11. 硬化後に整形します。今回でほぼ出来が決まるので、念入りにチェックしつつ作業します。ボリュームの足りないところや削りすぎてしまったところはもう1度パテを盛りましょう。

maka_fhair11.jpg


12. 外にほんのりハネている髪は、強度が欲しいので違う方法で作ります。パテだけで作ったら、制作中から折れたり欠けたりするのが目に見えるようで……。
まずはピンバイスで穴を開けて、芯として0.5ミリの洋白線を差し込みます。

maka_fhair12.jpg


13. 洋白線を芯にしてシアノンを盛り付けます。瞬着硬化スプレーを併用すると作業が早くなります。

maka_fhair13.jpg


14. 硬化したら削って整形します。盛りが足りなければ再度盛って削ってを繰り返します。他の部分もそうですが、納得がいくまでやりましょう。
この後、レジン・サーフェイサーを吹き、必要があれば溶きパテで修正しておしまいです。

だいぶマカっぽい
関連記事
改造・塗装方法 | 【2008-06-05(Thu) 23:13:28】 | Trackback(-) | Comments(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。